サプライヤー、iPhone 13生産に向けて準備進行中か「Appleのサプライヤーが動き始めた」


サプライヤー、iPhone 13生産に向けて準備進行中か「Appleのサプライヤーが動き始めた」

Appleが2021年モデルとしてリリース予定の新型iPhoneが、いよいよ生産の時を迎えているようだ。

South China Morning Postは、iPhoneの製造を担うサプライヤーが、製造に必要とされる人員の確保に苦戦していると報じた。

サプライヤー間で雇用の奪い合いが発生していることもあり、入社時のボーナスを大幅に引き上げたようだ。

その額は、毎年iPhoneの製造で話題となるFoxconnが10,200元、つまり1,578USドル、日本円に換算すると約17万4,000円と、ボーナスを過去最高額に引き上げている。

それと同様に、Lens Technologyは、2月時点で5,000元だったボーナスを5月には10,000元に増額。

投資会社WedbushSecuritiesによると、Appleは2021年下半期に、1億3000万から1億5000万台のiPhoneを出荷することを目指している。

BloombergのMark Gurman氏は、iPhone 13シリーズの生産について触れ、初期生産分の大幅な増産は前年比で20%増となり、9,000万台のiPhoneが製造されると伝えていた。なお、2020年の生産は7,500万台だった。

Apple、2021年のiPhoneは20%増産か「ProMotionは、Maxのみで伸び悩みの可能性」
Appleは、2021年モデルのiPhoneを2020年よりも多く生産する方向で調整しているようだ。Bloombergによると、Appleは2021年に登場予定のiPhone 13シリーズについて、初期生産分の大幅な増加を伝えた。
iPhone 13、全モデルが手ぶれ補正機能強化か「センサーシフト式の手ぶれ補正」
iPhoneの2021年モデルは、カメラ機能の強化として、すべてのモデルにセンサーシフト方式の手ぶれ補正を搭載する可能性がある。2020年モデルとして登場のiPhone 12シリーズは、最上位モデルのiPhone 12 Pro Ma...
iPhone SE3、iPhone 8のような見た目、A15チップ搭載で5G対応か
次期iPhone SEは、デザインを維持したまま部分的な高性能化が図られる可能性が高くなっている。Nikkei Asiaによると、次期型のiPhone SEは、2022年前半に登場する。デザインは、iPhone 8をベースとしたデザ...
2021 iPhone 13は最新の高速Wi-Fi搭載か「WiFi-6E搭載との噂」
2021年モデルとして登場予定のiPhone 13シリーズは、Wi-Fi 6Eに対応している可能性がある。DigiTimesによると、Appleは、この新しいWi-Fi規格を2021年のフラッグシップモデルに搭載することを計画してい...
iPhone 13 Pro Max、常時点灯ディスプレイを採用か
Appleが2021年モデルとして発表予定のiPhone 13シリーズは、ディスプレイの常時点灯機能を採用する可能性がある。BloombergのMark Gurman氏は、毎週発行のPower Onで、2021年モデルのiPhone...
iPhone 13、アクセサリーメーカーから金型の写真が流出
Appleが未発表のiPhoneと思われる金型が公開された。正確には、iPhoneのケースを製造する上で必要となる金型で、2021年モデルとして登場予定のiPhone 13シリーズに用いる金型のようだ。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx