iPhone 13、アクセサリーメーカーから金型の写真が流出


iPhone 13、アクセサリーメーカーから金型の写真が流出

Appleが未発表のiPhoneと思われる金型が公開された。

正確には、iPhoneのケースを製造する上で必要となる金型で、2021年モデルとして登場予定のiPhone 13シリーズに用いる金型のようだ。

この金型は、中国圏で有名なBenksというケースメーカーがWeiboに投稿したものとなる。

リーク写真といえば、一般的には出所が不明なパターンが一般的ではあるが、今回の流出画像はメーカーが掲載した異例の事態となる。

Weiboへの投稿は、リーカーのDuanRui氏などによってTwitterへ再拡散されている。

iPhone 13、アクセサリーメーカーから金型の写真が流出

写真を確認すると、2020年モデルとしてリリースされたiPhone 12シリーズと同様のサイズとして、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3種類のサイズがラインナップに加えられていることが分かる。

スタンダードモデルの背面に収まるカメラは、これまで主流だった縦一列のレンズ構成とは異なり、斜めにレンズが収められていることが確認できる。

また、ハイスペックモデルのProに関しては、iPhone 12 Proよりもカメラユニットが大きく変更されていることが確認でき、iPhone 12シリーズの金型とは異なる特徴を示している。

今回流出した金型の写真は、Appleの設計を元に制作されたものである証拠はないが、これまでにリークされてきた情報や噂などと照らし合わせると、本物である可能性は高い。

なお、DuanRui氏によると、Benksは写真の金型を使用し、すでにケースの製造を開始している。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x