iPad Pro 2021、マクロ撮影が可能「iPhoneよりも接写できるレンズを搭載」


iPad Pro 2021、マクロ撮影が可能「iPhoneよりも接写できるレンズを搭載」

Appleが2021年にリリースした新型のiPad Proは、隠れた機能としてマクロ撮影に対応しているようだ。

マクロ撮影、つまり接写で被写体を捉える機能を発見した人物は、カメラアプリHalideの開発者であるSebastiaan de With氏。

同士によると、アプリケーションの開発を目的として、新型iPad Proのカメラ性能を様々な方向からテストしていたところ、たまたま膝の上に置いたiPad Proが、ズボンに焦点を合わせていることを発見したようだ。

iPhoneの接写撮影は、被写体から約8cmの距離までしか近づくことができない。しかし、iPad Proに関しては、iPhoneよりも遙かに近くまで寄ることが可能だと判明。

iPad Proの接写機能は、採用されたカメラレンズの影響が大きい。このレンズは、2021年モデルのiPad Proに採用されているため、11インチや12.9インチといったモデルの違いによる影響はないそうだ。

また、iPad Proは、2021年モデルと2020年モデルで同一レンズを採用しているため、この接写機能は旧モデルの2020年モデルでも再現することが可能。

ただし、注意点として、iPad Pro標準のカメラアプリでは、ピントの調節にLiDARスキャナーが動作をして距離の測定を開始するため、接写撮影のピント調節には不向きである。

もし、本格的にマクロ撮影を希望するのであれば、マニュアル操作でピント調節できるカメラアプリをダウンロードして使用するようにしたい。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥174,800(2023/01/31 12:58:26時点 Amazon調べ-詳細)

Photo: Halide, Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx