iPhone 13 mini、MagSafe充電器は充電パワーを制限


iPhone 13 mini、MagSafe充電器は充電パワーを制限

Appleは、2021年モデルのiPhone 13シリーズにもMagSafe充電機能を採用したが、一部のタイプは充電機能に制限を掛けている。

対象のモデルは、シリーズの中で最も小さいタイプのiPhone 13 mini。

制限が掛けられた部分は、充電時間に影響を及ぼす最大パワーの値。MagSafe充電器は、本来15Wで高速充電を行うことが可能だが、iPhone 12 miniについては、最大値を12Wに制限して電力を供給する。

この情報は、米国を対象としたAppleのサポートページが更新されて公となったもので、日本のサポートページは情報の更新に遅れが生じている。

昨年2020年モデルとして登場のiPhone 12 miniにも同様の制限が設けられており、もし2022年モデルにminiが存在するのであれば、次期型のiPhoneにも同様の制限が掛けられる可能性がある。

なお、miniモデルについては、2021年のiPhone 13シリーズを最後に姿を消すとも予測されている。

12Wの制限には、様々な理由を考えることはできるが、Appleが明確な説明をしている文章は見つけられない。おそらくは、小型のモデルは大型のモデルと比べて充電時の放熱が不利だったり、小型のモデルへ搭載の小型バッテリーは、ワット数を抑えても十分な高速充電が可能だったりするのかもしれない。

MagSafe充電器、20Wアダプタ以外「性能を発揮せず」 / 96Wアダプタで13W
AppleがiPhone 12シリーズと同時に発表したMagSafe充電器は、iPhoneのワイヤレス充電をより確実に行える新機能として登場した。この充電機能を利用するには、MagSafeに対応したデバイスを使用する必要があり、現時...
created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,950(2021/10/24 11:50:36時点 Amazon調べ-詳細)

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x