【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す


【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

ダイソーが製造販売を行う100円のガラスフィルムを試した。今回試したのは、全面保護3Dガラスフィルムと、ブルーライトカット機能を備えた衝撃に強い機能性ガラスフィルムの2種類。

サイズは iPhone XS用のものとなるが、同じシリーズであれば ほかのデバイス用も仕様は同じはずなので、XやXS以外をお持ちの方も参考にしていただければと思う。

多くの100円商品を取り扱うダイソーでは、モバイルデバイス用の画面保護フィルムも多く扱っている。その中でも積極的に販売を行っているものが、Apple製品のサイズに対応した保護フィルムである。今回は その中から冒頭でお話しした2タイプを購入してみた。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

誤解がないように先に申し上げるが、どうしても正確な情報を伝えたいという思いで書いていたところ、悪い面が長く大きく表れてしまっている。決して商品自体を否定したり貶したりしているものではない。100円という低価格で購入できる商品としては、コストパフォーマンスが非常に高いガラスフィルムとなっている。ただ、やはり金額的に妥協せざるを得ない面、荒削りな面も持ち合わせているため、ご自身がどの部分を妥協できるのか、ご確認いただければと思う。

全面保護3Dガラスフィルム

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

全面保護ガラスフィルムは、iPhoneの端が曲面に成形された画面を できる限り覆い被して保護する3Dフルラウンド加工が施されたフルカバーガラスとなる。

万が一、落下した際にフチが欠けにくくなるメリットは、保険のような存在である。

ガラスフィルムと聞くと、すべてがガラスでできていると誤認しそうだが、このガラスフィルムは全体的にプラスチックである。正確にはペット素材。表面を指先でコンコンと突いてみると、ガラスのような音はせず、若干鈍い音が響く。平らな部分にはガラスが使われているのかもしれないが、ガラスが使われていたとしても片側一面はペット素材で覆われているように感じる。おそらく粘着部分ではないのだろうか。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

ラウンドエッジとなるフチの部分は、素材にガラス自体が使われていない。技術的な問題と販売価格の兼ね合いで、ラウンド部分にガラスを使っているガラスフィルムはほとんど存在しない。もし全面がガラスでできたフィルムがあったとしても、万人にはお奨めできない。柔軟性に欠けるため、手先が相当器用でなければ貼り付けることが困難なためである。

このガラスフィルムに施されている機能は、「特殊飛散防止」「指紋防止」「高透明度」「スムースタッチ」「高硬度9H (堅いということ)」となる。

肝心の使用感は、可もなく不可もなく、ガラスフィルムを装着している使用感である。

指紋防止の処理も機能しており、汚れが目立つこともなかった。外で重労働をしたあとに操作をしても画面が汚れることはなく、ガラスフィルムを貼り付けている恩恵を感じることができた。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

しかし、高透明度に関しては、誤解を招きかねない表現だと感じている。確かに透明度は高く、発色に問題はないが、画面がギラギラとした様子に見えることが難点である。特に視力が良ければ、その感じ方は強いと思う。また、表面には低反射コートが施されていないのか、映り込む照明など、外から受ける光に対しても強い反射を感じてしまう。今まで画面に何も貼らず、iPhoneを素の状態で見ていたユーザーにとっては大きな違和感を抱く部分である。

なめらかな触り心地を実現するスムースタッチ加工に関しては、iPhoneの画面に施されているスムースな動きと大きな差は感じられず良好である。引っかかりを感じることもなければ、特筆して滑りが良いと感じるわけでもなく、ちょうどいい。スルスルと操作ができる触り心地を重視するならば、下で紹介している もう1つのガラスフィルムがいいように思う。

結果として、このガラスフィルムを装着して一番気になる部分は、ギラギラとした見た目である。ほかの部分は、使用しているうちに慣れていくのかもしれない。100円 (税別)で購入できる商品と考えれば、コストパフォーマンスは相当高いのではないだろうか。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

注意点としては、2つのことが挙げられる。1つ目は、ケースを装着しているiPhoneユーザーにはお奨めできない点。最近流行っているiFaceのiPhoneケースを装着した状態で貼り付けを試みたところ、フチが浮いてしまい、ケースと干渉していることが確認できた。

ただし、このガラスフィルムは個体差が大きく、運が良ければケースの内側に収めることが可能である。3枚購入して試してみたところ、1枚はiFaceの輪郭とツラになるジャストサイズであったのに、ほかのものに関してはフチが若干浮く、あるいはまったく貼り付けができないほど大きなサイズだった。ほんのコンマ数ミリの誤差だと思う。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

もう1つの注意点は、画面上部のカメラモジュールが収まる部分である。ガラスフィルムの黒い部分が、iPhoneのそれよりも大きく、一部画面が塗りつぶされてしまう。画面の表示には支障の出ない部分のため、100円と割切って使用するのもアリだが、気になる人は少なからずいるのではないだろうか。

ブルーライトカットガラスフィルム

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

この商品は、太陽の下で見ないことを前提とするならば“買い” である。

ガラスフィルムに施されている機能は、「衝撃吸収」「スムーズタッチ加工」「指紋防止」「気泡が入りにくい」となっている。

日本製を使用したガラスは、中国でガラスフィルムとしての加工が行われて製品化されているようだ。

指先でコンコンと触った感じもガラスを感じるものとなっている。これは素晴らしい。100円にもかかわらず、ガラスにペットフィルムのお膳立てもなく勝負できるのかと、一瞬全身へ電気が走ったほどだ。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

画面の見え方は、わずかな濁りを感じるものの極自然で、先で紹介したガラスフィルムのように、ギラギラとした見え方もしない。ただし、最大の欠点を抱えている商品のため、このガラスフィルムの購入を検討なさる場合には最後までよく読んでからにした方がいい。

しかし、このガラスフィルムはよくできている。100円とは思えない品質を感じることができる。目視では確認できないが、写真で確認すると粘着剤の波が確認できる程度で、太陽の下で見ない限りパーフェクトである。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

衝撃吸収機能に関しては、おそらく強い粘着剤を使用することにより画面への密着度を高め、画面の強度自体を上げるという意味が大きいのではないだろうか。このガラス単体でのは、それほどの強度があるとは思えない。

スムーズタッチ加工は、画面に貼り付ける前段階やフリック入力では特筆したものを感じることができなかった。しかし、ゲームを操作した際に、指先がスルスルと滑っていくような凄まじいスムーズさを感じることができた。おそらく、若干強めの力で画面を操作したときに実感できるのかもしれない。

先で紹介したガラスフィルムの「スムースタッチ (こちらはスムーズダッチ)」とは異なるのか、何かしらの潤滑剤が手に着いたのかと思うほどにスルスルとしたスムーズさである。

指紋防止加工に関しては、これも驚いた。指紋がまったくといっていいほど着かない。ただし、汗ばんだ手で操作をすると、若干白くなる点には注意である。

ブルーライトカットは、正直なところ、実感できるユーザーが半々くらいなのではないかと感じた。別のメーカーがリリースしているブルーライトガラスは、十分な恩恵を感じることができるが、このガラスフィルムは自然な色合いに落ち着かせており、強烈なカットはなされていない。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

ガラスフィルムを青白い光源に向けて透かしてみると、黄色みを帯びたガラスフィルムであることは確認できたので、間違いなくブルーライトカットを名乗れる商品には間違いないが、実感できないと感じるユーザーも多いのではないだろうか。ネットショッピングなどで生じる色の確認を考慮すれば、忠実な表現に近い表示へ配慮する方が無難だ。個人的には高評価だが、判断基準次第で結論が分かれそうな部分である。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

さて、問題は、このガラスフィルムは、太陽下でスマホの能力を半減させてしまう課題を抱えていることである。画面が見えないのだ。太陽の下で画面を見ると、画面が真っ青な上に、白濁りを起こしてしまう。素の画面が100%の視認性だとすると、その視認性は60%くらいで、注視しないと見えない状況は最悪である。

【レビュー】100円で買える ダイソーのiPhone用ガラスフィルム「全面保護 3Dガラス」と「衝撃に強いブルーライトカット」を試す

室内での使用に関しては、まったく以て違和感を抱くこともなく、角を削り落としたラウンドエッジのため指が引っかかることもなく操作感もいい。本当に残念なガラスフィルムである。おそらくガラスフィルムの粘着剤の色が乱反射を起こして浮き出てしまうのではないだろうか。これさえ改善できれば皆にお奨めできるもののため、ダイソーさんには是非改善をお願いしたい点である。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x