実験、MagSafe非対応のiPhoneケース、MagSafe充電器は使えるのか / iPhoneケース、MagSafe対応と非対応の違い


実験、MagSafe非対応のiPhoneケース、MagSafe充電器は使えるのか / iPhoneケース、MagSafe対応と非対応の違い

Appleは、2020年モデルのiPhone 12シリーズに、新たなワイヤレス充電機能を採用した。

従来のワイヤレス充電機能を進化させて登場したMagSafe充電機能は、ワイヤレス充電部の周りに磁石を配置することで、ワイヤレス充電をより確実なものに変えた。

このMagSafe充電機能を利用するには、MagSafe充電器と、MagSafeに対応するデバイスが必要で、MagSafe対応デバイスにはMagSafe対応のケースが用意されている。

ここで問題が出てくるのである。現状で、Amazonに並ぶほとんどのiPhoneケースは、MagSafeに対応していない。

実験、MagSafe非対応のiPhoneケース、MagSafe充電器は使えるのか / iPhoneケース、MagSafe対応と非対応の違い

Appleは、純正アクセサリーのラインナップに、多くのMagSafe対応ケースを用意している。しかし、高額な純正ケースに価値を見出せなかったり、デザインや材質が気に入らなかったりする場合は、Amazonなどに並ぶ豊富な他社製ケースを購入するだろう。

では、MagSafe対応のデバイスに、MagSafe非対応のケースを装着した場合、MagSafe充電機能を使用することはできないのだろうか。

実験、MagSafe非対応のiPhoneケース、MagSafe充電器は使えるのか / iPhoneケース、MagSafe対応と非対応の違い

実験である。iPhone 12 Pro本体へMagSafe非対応のケースを装着し、MagSafe充電器がどのように反応するのか、どういったデメリットが発生するのかを確かめた。

今回実験に用いたiPhoneケースは、Amazonで販売されているiPhone 12 Pro用のMagSafe非対応TPUケースである。

▼実験に使用したiPhone 12 Pro用TPUケース

結果は、下記写真の通りである。MagSafe充電器を使用した充電、それ自体に問題が出ることはなかった。

実験、MagSafe非対応のiPhoneケース、MagSafe充電器は使えるのか / iPhoneケース、MagSafe対応と非対応の違い

問題は、MagSafe非対応のケースには磁性体が内蔵されていないため、MagSafe充電器がiPhoneに張り付こうとする磁力は非常に弱い。

iPhoneを持ち上げてもMagSafe充電器がiPhoneから離れることはなかったが、充電器のケーブルに指が触れると脱落するほどの磁力しかなく、MagSafe充電器自体を持ち上げると、iPhoneはすぐに離れてしまうほどの吸着力しかなかった。

実験、MagSafe非対応のiPhoneケース、MagSafe充電器は使えるのか / iPhoneケース、MagSafe対応と非対応の違い

今回実験で使用したTPUケースの厚みは1.5mmである。1.5mmの厚みのケースで、これほど磁力が弱まるのであれば、厚みのあるケースはほぼ使用することが不可能かもしれない。

iPhone 12シリーズ、Apple公式「カラーやケースが試せる」特設サイト / iPhone 12 Studioの使い方
Appleは、2020年モデルとしてリリースしたiPhone 12シリーズを思う存分試せるサイト、「iPhone 12 Studio」を開設した。シリーズにランナップする全モデル、全カラーから希望のものを選択し、純正アクセサリーを装...
MagSafeデュアル充電パッド、29W充電アダプタは使用不可 / 充電パッドで使える充電器
Appleは、MagSafeデュアル充電パッドについて、サポートドキュメントを公開した。公開された内容は、充電方法や対応する充電アダプタについて、様々な内容をまとめた仕様書のようなもの。製品を正しく使用する上では欠かせないドキュメントで...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x