MagSafeデュアル充電パッド、29W充電アダプタは使用不可 / 充電パッドで使える充電器


Appleは、MagSafeデュアル充電パッドについて、サポートドキュメントを公開した。

公開された内容は、充電方法や対応する充電アダプタについて、様々な内容をまとめた仕様書のようなもの。製品を正しく使用する上では欠かせないドキュメントである。

MagSafeデュアル充電パッド、29W充電アダプタは使用不可 / 充電パッドで使える充電器

MagSafeデュアル充電パッドは、iPhone 12シリーズから採用されたMagSafe充電機能を使用するための充電器として登場した。

二つに折りたためる形状を持つデュアル充電パッドは、iPhoneを単体で充電するMagSafe充電器とは異なり、iPhoneの隣でApple WatchやAirPodsを充電することが可能なもの。

どちらのMagSafe充電器もシンプルな見た目を採用しており、本来であれば何も考えることなく使用することのできるものである。

しかし、ワイヤレス充電をベースに持つMagSafe充電器は、その性能をフルに発揮するために多くの細かい仕様を把握する必要がある。

▼何も考えずに正しく利用するには、Appleが用意した30Wの充電アダプタを使用するといいだろう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥5,280(2021/01/20 11:41:27時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、収納庫に数多くの充電アダプタを所有するAppleユーザーは、現在手元にある充電アダプタについて、可能性を模索するはずである。

そこで気になるのが、どのタイプの充電アダプタを使用すると、正常に使用することができるのかという点である。

以前、デュアル充電パッドを正しく使用するには、27W以上の充電アダプタを使用する必要があると伝えていた。

だがしかし、その充電アダプタが27W以上であったとしても非対応となるケースがあるそうだ。それが、Appleの29W電源アダプタである。MacRumorsは、サポートドキュメントを要約し、この29W充電アダプタでは正常な使用が不可であると伝えた。

29W充電アダプタが、デュアル充電パッドで正しく使用できない理由については、5V / 3Aまたは9V 1.67Aの定格電力をサポートしていないことが考えられる。この意味がお分かりいただけるだろうか。

MagSafeデュアル充電パッド、29W充電アダプタは使用不可 / 充電パッドで使える充電器

充電アダプタの仕様は、見た目とは裏腹に結構複雑な制御がなされており、最大値のみを記載した性能表示を見ただけでは事足りない部分がある。その足りない部分とは、内部に設けられた複数のリミッター。つまり、出力値である。充電アダプタは、表記されている最大のパワーとは別に、段階的に設けられた複数のリミッター制御が設けられ、充電アダプタが持つ最高の能力は、接続されたものに必ずしも行き渡るわけではないのである。実際には充電アダプタに接続されたものに、どのリミッターが最適なのかを把握してからリミッター範囲内の最大パワーを供給する仕様となっている。

重要な部分は、そのリミッターの値である。充電アダプタには、本来の目的に沿うように一定数のリミッターが設けられており、そのリミット値は充電アダプタが持つ個性なのである。

以前、MagSafe充電器にMac用96Wの充電アダプタを使用した場合、iPhone 12シリーズを最大パワーで充電することはできないと伝えたが、デュアル充電パッドにもそのような相性が存在するのだ。

では、実際に29Wの充電アダプタをデュアル充電パッドに接続すると、どのような現象が起こるのか。それは、デュアルにも関わらず、シングルの充電が可能になるというもの。つまり、デュアル充電パッドに収められたiPhoneとApple Watchは、どちらか片方が充電を開始し、もう片方については充電が提供されない。

様々な充電アダプタが存在するが、何か違和感を抱いた際には、性能をフルに発揮しているとは限らないということを心に留めておいた方がいいのかもしれない。

▶Amazon:「電源アダプタ MagSafeデュアル充電パッド」検索結果はこちら

▶楽天市場:「電源アダプタ MagSafeデュアル充電パッド」検索該当なし

MagSafeデュアル充電パッドの説明と、接続する電源アダプタについての仕様

MagSafe デュアル充電パッドは、iPhone 12 と Apple Watch を同時に、すばやく安全にワイヤレス充電できるよう作られています。このシステムは状況に賢く適応し、iPhone 12 をできるだけ効率よくピーク時最大 14 W の電力供給で充電できるように働きます。iPhone に実際に供給される電力量は、電源アダプタのワット数やシステムの状況によって違ってきます。iPhone 12 mini に関しては、MagSafe デュアル充電パッドはピーク時最大 12 W の電力を供給します。

iPhone を MagSafe デュアル充電パッドに置く前に、充電パッドを電源につないでおくことが重要です。そうしておけば、MagSafe は最大電力を供給しても支障がないと判断します。MagSafe デュアル充電パッドを電源につなぐ前にその上に iPhone を置いてしまった場合は、MagSafe デュアル充電パッドから iPhone をいったん取り外し、3 秒待ってから置き直してください。電力供給が最大電力で再開されます。

MagSafe デュアル充電パッドを USB PD 対応の電源アダプタで使う場合、最大電力 9 V (ボルト)/3 A (アンペア) でネゴシエーションする設計になっています。MagSafe は iPhone に供給する電力量を動的に最適化します。iPhone 12 への電力供給量は、温度やシステムの稼働状況など、さまざまな要因によってつど変化します。

電源アダプタはそれぞれ定格出力電流や定格出力電圧が違います。MagSafe デュアル充電パッドで高速ワイヤレス充電をするには、以下の定格値が必須となります。

  • USB-C コネクタ (USB-A はサポート対象外)
  • 9 V/2.22 A の電源アダプタは最大 11 W の電力を供給
  • 9 V/3 A 以上の電源アダプタは最大 14 W の電力を供給
  • iPhone 12 mini は、9 V/2.62 A 以上で最大 12 W の高速ワイヤレス充電に対応
  • 9 V/3 A 以上の高ワット数の電源アダプタも、ピーク時最大 14 W で iPhone 12 に電力を供給
  • iPhone と Apple Watch の充電パッドを両方同時に使う場合、MagSafe デュアル充電パッドには 15 W (5 V/3 A または 9 V/1.67 A) 以上の電力が必要ですが、充電速度は遅くなります。
  • ヘッドフォンなどの Lightning アクセサリを接続している間は、規格に従い 7.5 W での充電に制限されます。
created by Rinker
Apple(アップル)
¥16,280(2021/01/20 11:41:28時点 Amazon調べ-詳細)
Apple、MagSafeデュアル充電パッドを発売 / MagSafe充電器との違いと注意点
Appleは、小型デバイス用MagSafe充電器の第2弾として、MagSafeデュアル充電パッド(MagSafe Duo Charger) を発売した。日本での販売価格は、14,800円(税別) 。※電源アダプタ別売りこの充電パ...
MagSafe充電器、20Wアダプタ以外「性能を発揮せず」 / 96Wアダプタで13W
AppleがiPhone 12シリーズと同時に発表したMagSafe充電器は、iPhoneのワイヤレス充電をより確実に行える新機能として登場した。この充電機能を利用するには、MagSafeに対応したデバイスを使用する必要があり、現時...
iPhone 12 モデルや Apple Watch で MagSafe デュアル充電パッドを使う方法
iPhone 12 や Apple Watch を MagSafe デュアル充電パッドでワイヤレス充電する方法をご案内します。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x