【レビュー】ダイソー製 全面保護ガラスフィルム「申し分ないが、少々難あり」iPhone 12 / 12 Pro用


【レビュー】ダイソー製 全面保護ガラスフィルム「申し分ないが、少々難あり」iPhone 12 / 12 Pro用

iPhone 12 Proに、ダイソー製の全面保護ガラスフィルムを購入してみた。100均で取り扱いがある山田化学製と、ダイソー製で悩んでいる人も参考にどうぞ。

なお、このガラスフィルムを購入した切っ掛けは、ダイソーの陳列棚から山田化学株式会社のガラスフィルムが消えてしまったが故である。

もしかすると、ダイソーは自社製の製品供給が開始されるまでの間、代替品として山田化学のガラスフィルムを販売していた可能性がある。ちなみに、山田化学のガラスフィルムは、セリアでも取り扱いがあることを確認した。ただし、全面保護タイプのものは、供給が追いついていないためか在庫を持ち合わせていなかった。

【レビュー】iPhone 12シリーズ用、ダイソーのガラスフィルム「100円なのに2,000円レベル」へ高品質化 / 実寸サイズ計測
ダイソーの取り扱うiPhone 12シリーズ用ガラスフィルムが、高級ガラスフィルムと肩を並べる品質で登場した。今回紹介するガラスフィルムは、100円(税別) で販売されているにも関わらず、そのガラスフィルムは2,000円だと言われて...

サイズ実測値:幅68.4 × 高さ143.9 × 厚み0.3mm
パッケージ記載寸法:幅6.7 × 高さ14.3mm

さて、私の率直な意見からレビューを開始すると、ダイソー製のガラスフィルムは、使用時に違和感を抱くこともなく、非常に素直な使い心地である。100円と考えれば十分な品質だと感じた。しかし、他社製品を使用したことのある人や、パッケージの記載をよく読んでいる人であれば、少々納得がいかないか、あるいは満足がいかない点が出てくる人もいるかもしれない。

【レビュー】ダイソー製 全面保護ガラスフィルム「申し分ないが、少々難あり」iPhone 12 / 12 Pro用

年々製造技術を上げているのか、それとも製造工場を見直したのかは不明だが、これまでは酷くて使用できなかったダイソー製ガラスフィルムの品質は、他社製かと錯覚するほどにクオリティまで進化しており、「とりあえず」という気持ちで購入する必要はなくなったように感じた。

少なくとも2020年モデルのiPhone 12 Pro用に購入したガラスフィルムに関しては、見違えるほどの品質である。

その品質は、ガラスフィルムとして違和感のない手触りと透明感、そして薄く仕上げられた厚み。非常に優秀だ。

【レビュー】ダイソー製 全面保護ガラスフィルム「申し分ないが、少々難あり」iPhone 12 / 12 Pro用

厚みに関しては、Amazonなどで販売されているガラスフィルムと区別がつかないほど薄さで、もしかするとダイソー製の製品が他社よりも薄いのではないかと感じるほどである。100円の商品ということもあり、あまり期待はしていなかった部分ではあるが、非常に満足度が高いポイントである。

透明度に関しても申し分のない仕上がりで、太陽光の元で使用しても画面が白濁りを起こして見えなくなることは少なくなったように感じる。正確に伝えると、他社のガラスフィルムと同等の濁りが発生しており、日中の屋外でも画面の表示が無理なく認識できるようになった。

フィルム越しに画面を見ると、若干黄色み掛かったような印象を受けるが、これは他社のガラスフィルムでも見られるものである。この着色の具合は、目視で透過率に置き換えると1%から3%前後。おそらく、言われなければ気がつかない人が大半だろう。

【レビュー】ダイソー製 全面保護ガラスフィルム「申し分ないが、少々難あり」iPhone 12 / 12 Pro用

使用感は、一般的なガラスフィルムと大差がなく、触り心地もガラスフィルムを張り付けているような印象が強い。以前のダイソーフィルムと言えば、分厚いプラスチックを触っているような感覚だったが、その感覚は感じられなかった。

ただし、スムースタッチを謳っているにもかかわらず、指の動きには若干引っかかりが見られる。指紋に関しても付着を防止している印象は薄く、この2つの機能性を期待して購入するのであれば、山田化学の指紋汚れ防止タイプなど、別の製品を選んだ方がよさそうだ。

私が、このダイソー製のガラスフィルムに感じる最大のデメリットは、iPhoneへ装着することが非常に困難な点である。

iPhoneにガラスフィルムを張り付ける際、透明なガラス面ならず、黒い枠ぶちも吸い付くように張り付き、位置決めが非常に面倒である。ズレて張れてしまったフィルムを一度剥がして再度取り付けようとしても剥がすことが難しい。

また、電話の受話スピーカー開口部の開口サイズに関しても攻めすぎていてジャストサイズ過ぎるため、寸分狂いなく張り付けなければ悔いが残る。

山田化学のガラスフィルムからいいとこ取りをしたような印象のダイソー製ガラスフィルムは、張り付けが完了した後の満足感はよさそうだが、張り付け時の難しさで挫折をする人も出てくるのではないかと感じている。

最後に、付属のクリーニングシートは、相変わらず使い物にならない。別の方法でクリーニングを行って、付属のものは使用しないことをお奨めしたい。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x