2021 iPad Pro、1サイズの製造が遅延か「製造停止の情報」


2021 iPad Pro、1サイズの製造が遅延か「製造停止の情報」

Appleが、早ければ4月中にも発表すると噂のiPad Proの生産に問題が発生しているようだ。

製造に問題を抱えている部分は、新たに導入される新型のディスプレイ技術。

2021年モデルのiPad Proには、Mini LEDを採用したディスプレイパネルが搭載される予定だが、その製造に問題が起きているようである。

問題は、歩留まり率の悪さ。歩留まりとは、期待されている生産数のことを指す用語で、一般的には原材料から予測されている生産数に対して、実際に生産された生産数の比率を指す。

Bloombergが匿名の関係者から得た情報によると、Mini LEDの製造を担う1社が、生産数の悪さから製造を停止せざるを得なくなったと伝えている。

生産が停止した製造会社には、少なくとも1社という表現が用いられており、複数の製造がストップしている可能性もある。

AppleからMini LEDの製造を任せられているサプライヤーは、判明しているだけで4社のようだ。

Mini LEDを採用したディスプレイは、これまでのディスプレイよりもコントラストの向上や、高輝度に貢献するものである。

iPad Proは、大きいサイズと小さいサイズの2種類が発売されると言われているが、Mini LEDを搭載するモデルは12.9インチの大きいモデル。

そのため、もし発売後に出荷の遅延が発生するのであれば、12.9インチのみの供給が遅れる可能性がある。

新型iPad、まもなく登場か「開発者版のシステムに、コードネームと新型チップの痕跡」
Appleは、早ければ4月にも新型iPad Proの発表を行うといわれるており、この度そのiPadらしき痕跡が発見された。9to5Macの情報によると、新しいiPadのコードネームは、J517、J518、J522、J523。発見され...
iPad Pro 2021、4月に量産開始か「Mini LED搭載の可能性」 / iPad Air、有機ELディスプレイ搭載を示唆
2021年モデルのiPad Proが量産の体制に入る可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏は、量産が4月中旬から下旬に開始されると予測し、新型のiPad ProはバックライトにMini LEDを採用したディスプレイが搭...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x