iPad Pro 2021、4月に量産開始か「Mini LED搭載の可能性」 / iPad Air、有機ELディスプレイ搭載を示唆


iPad Pro 2021、4月に量産開始か「Mini LED搭載の可能性」 / iPad Air、有機ELディスプレイ搭載を示唆

2021年モデルのiPad Proが量産の体制に入る可能性がある。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、量産が4月中旬から下旬に開始されると予測し、新型のiPad ProはバックライトにMini LEDを採用したディスプレイが搭載される見込みを伝えた。

Bloombergによると、Appleは、在宅で仕事や勉強を行う人たちに向けて、新たな製品を提案する目的で動いており、その目的に含まれる2021年モデルのiPad Proは、早ければ4月に発表されると伝えている

約1週間前、業界関係者は、サプライヤーがタッチパネルのバックエンドモジュールの生産拡大を図る計画があると伝えていた

今回のKuo氏による情報は、Appleがデバイスの発表に向けて着実に先へ進んでいる一連の情報に信頼性をもたらしたように感じられる。

Kuo氏によると、2021年に発売されるiPadシリーズは、iPad ProにMini LEDを採用したディスプレイを搭載する可能性を示し、iPad Air 5にはMini LEDの採用は見込めず、2022年モデルに有機ELディスプレイの採用を示唆するレポートを提供している。

この流れからすると、2021年モデル或いは2022年モデルのiPad AirにはMini LEDを採用すると捉えがちだが、Kuo氏の考えはそれとは異なる。

想定される次期型のiPad Airに、Mini LEDの採用は見込めない。Appleは、Mini LEDの搭載有無をiPad AirとiPad Proの差別化に利用する可能性がある。そのため、iPad Airが2022年モデルに有機ELディスプレイを採用するならば、技術の躍進或いはデザインの大幅な変更がない限り、iPad Airに搭載のディスプレイの進化には歯止めが掛けられるのかもしれない。

Bloomberg、AppleがiPad Proを4月に発表「早ければ」
Appleは、iPad Proの発表イベントを4月に行う可能性がある。Bloombergによると、Appleは在宅で仕事や勉強を行う人たちに向けて、新たな製品の提案を行う。
iPad Pro、3月発売か「バックエンドモジュールの生産能力拡大」
Appleは、iPad Proの2021年モデルを3月の下旬に発表する可能性がある。台湾のタッチパネルメーカーであるGISは、Appleが新しい製品に搭載のバックエンドモジュールに関して、生産の拡大を図る計画があるようだ。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x