M1 iMac 24のベンチマーク結果「Intel製を大幅に上回る爆速」


M1 iMac 24のベンチマーク結果「Intel製を大幅に上回る爆速」

Appleが2021年モデルとして発表したiMac 24が、早速ベンチマークのテスト結果を残した。あのカラフルなラインナップとして登場したモデルである。

テスト結果が残されたサイトは、2021年モデルとして登場のiPad Proの結果も残るGeekbench。このテスト結果は、デバイスのテストを行うレビューアーによるものと推測されている。

新たに登場した2021年モデルのiMac 24は、2020年モデルとしてリリースのMacBook ProやMacBook Air、Mac miniと同様の処理装置 M1チップが与えられ、ご想像の通り非常に優れた性能を秘めたマシンである。

その性能は、テストの評価から伝えると、Intel製の高性能CPUを搭載したiMac 21.5インチよりも最大で56%も高速な処理能力を有しているようだ。

複数のテスト結果から処理の平均値を導き出すと、シングルコアスコアでは1,724、マルチコアスコアは7,453となる。

M1 iMac 24のベンチマーク結果「Intel製を大幅に上回る爆速」

この結果を叩きだしたモデルは、iMac 24の中でも一番買い求めやすいエントリーモデル。CPUには8コア、グラフィックスのGPUには7コアが設定されたチップを内蔵したモデルである。ベースクロック数は3.2GHz。

ちなみに、搭載されるチップの性能差は、グラフィックスのコア数で、データの処理能力に関係するCPUのコア数に関してはエントリーモデルもハイエンドモデルも同一となる。

1つ前のIntel製のCPUを搭載した21.5インチのiMacは、シングルコアスコアが1,109、マルチコアスコアが6,014。

2つのiMacのスコアを比較すると、M1チップを搭載したiMacは、シングルコアで56%、マルチコアで24%高速化していることが分かる。

新しいMacのMagic Keyboard「Touch ID付きキーボードが使えるデバイス」は意外性あり
Appleは、2021年4月に開催のSpring Loadedで、カラフルなラインナップのiMacを発表した。そして、その24インチのiMacと同時にお披露目された新型のMagic Keyboard。このワイヤレスキーボードの互換性が明...
24インチiMac、購入時「キーボードなどの色は変更できるのか」
Appleが2021年モデルとして発表したiMacには、多数のボディ色が用意されてカラフルなラインナップで登場した。永くMacをご愛用なさる方にとっては、昔のMacの記憶が蘇り、新しく使い始めた方には新鮮み溢れる印象のカラーラインナ...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx