Apple Watch 3、購入は控えた方がいい可能性「最新アップデートのキャパに余裕なし」


Apple Watch 3、購入は控えた方がいい可能性「最新アップデートのキャパに余裕なし」

現在も旧モデルの位置付けで販売が継続中のApple Watch シリーズ3は、もうそろそろ潮時を迎えている可能性がある。

Appleは、同社の複数製品に対してシステムのアップデートを行い、Apple Watch 3のアップデートファイルの提供も開始した。しかし、このアップデートを実行する上で少々問題が発生している。

その問題とは、Apple Watchに最新版のwatchOSをインストールするには、Apple Watchに保存されているデータを一度すべて削除する必要が出てきたということ。

削除の対象となるデータには、もちろんユーザーのデータも含まれており、アップデートを施すことは、Apple Watchの内部データがまっさらの状態に戻ることを意味している。

原因は、Apple Watch 3の最大保存容量。Apple Watch 3 GPSモデルが内蔵しているストレージ容量は8GBのみで、最新版のwatchOSをインストールするには空き容量に余裕が少なすぎるのである。

そのため、Apple Watch 3に新しいwatchOSをインストールしようとすると、iPhoneとのペアリングは外れ、最終的にはApple Watch購入当時の状態に戻る。

もちろん復元機能実行することで、ユーザーのデータは元通りに復元することは可能だが、本来であれば復元などを必要としないアップデートに復元を使用しなければならないことは、打開策として用いられた苦肉の策としか思えない。

おそらく、Appleは、今後Apple Watch 3の販売を終了する。

もし現在、Apple Watch 3の購入を検討しているのであれば、最新モデルのApple Watch 6か、あるいはApple Watch SEの購入をお奨めしたい。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x