iPad Air 2022年モデル、有機ELディスプレイは先延ばしか「計画変更でMini LEDも」


iPad Air 2022年モデル、有機ELディスプレイは先延ばしか「計画変更でMini LEDも」

Appleは、2022年モデルとして発売の計画を進める次期型iPad Airについて、計画の変更を行い、新型のディスプレイを搭載する計画をキャンセルした可能性がある。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、この計画の変更について、搭載を予定していたディスプレイパネルに問題が起きたための変更で、既存のディスプレイパネルを継続して搭載する可能性があると述べている。

ディスプレイパネルの問題は、品質やコスト面が主な理由で、Appleの期待にそぐわない結果が出たことがキャンセルの理由のようだ。

また、この計画の変更は、Kuo氏によると、Mini LEDを搭載したiPad Proの販売に悪影響を及ぼす可能性も含み得ている可能性がある。

しかし、有機ELディスプレイの搭載は、完全に頓挫したわけではなく、延期になった可能性が高い。

IThomeの情報によると、AppleはLGと協力関係を深め、iPadとiPhone向けのディスプレイパネル供給を拡大する。2024年に実行される投資は、有機発光ダイオードの生産設備を拡大するためのもので、日本円にして約3,000億円以上の額が動くと報じられている。

今後Appleのデバイスは有機ELディスプレイにすべて変更か「LGがiPhoneとiPad用に巨額の投資」
今後Appleがリリースするデバイスは、時期を見て有機ELディスプレイへ変更される可能性がある。IThomeによると、LGはAppleとの協力関係を深め、iPadとiPhone向けのディスプレイパネル供給を拡大する。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x