今後Appleのデバイスは有機ELディスプレイにすべて変更か「LGがiPhoneとiPad用に巨額の投資」


今後Appleのデバイスは有機ELディスプレイにすべて変更か「LGがiPhoneとiPad用に巨額の投資」

今後Appleがリリースするデバイスは、時期を見て有機ELディスプレイへ変更される可能性がある。

IThomeによると、LGはAppleとの協力関係を深め、iPadとiPhone向けのディスプレイパネル供給を拡大する。

供給を増やす計画のディスプレイパネルは、OLEDといわれるもので、有機ELディスプレイといえば聞き慣れた人も多いのかもしれない。

LG Displayは、Appleのスマートデバイスに使用される中小型の有機発光ダイオード(OLED) の生産設備を拡大するため、3.3兆ウォンの投資を行う。日本円にすると、現在のレートで約3,083億円。

投資は、2024年に行う予定で、中小型のOLED部品を製造するための工場に使用されるようだ。

以前、韓国のETNewsは、iPadのディスプレイパネルが従来型の液晶ディスプレイから有機ELディスプレイに変更されると伝えていた。

アナリストのMing-Chi Kuo氏による情報でも2022年モデルのiPad Airには、有機ELディスプレイの採用を示唆しており、これまで小型のモデルのみに採用されてきた有機ELディスプレイが、大型のディスプレイパネルを搭載したデバイスにも普及する可能性は高い。

DigiTimesの情報では、有機ELディスプレイを搭載する大型モデルは、10.9インチのiPadから始まると伝えており、大型ディスプレイのOLED化は、一部のiPadから始まるようだ。

LG Displayの投資は、2024年に行われるとの情報もあるが、それまでにほかのメーカーがOLEDの生産体制を増やす可能性もあり、これから登場するデバイスは、iPadを皮切りにMacなどへ加速を増して波及していく未来も近いのかもしれない。

なお、ディスプレイパネルが有機ELディスプレイに変更されるiPadは、iPad Proから始まるといわれており、それに次いで有機ELディスプレイを搭載するモデルはMacBook Pro 16と予測されている。

iPad 2022年モデル、一部のモデルに初の有機ELディスプレイ搭載が確定か
Appleは、2022年モデルのiPadに、有機ELディスプレイの搭載を計画している可能性が高い。韓国のETNewsは、業界筋からの情報として、iPadのディスプレイパネルについて取り上げ、従来の液晶ディスプレイから有機ELディスプ...
iPadとMacBook Pro、2022年に有機ELディスプレイ搭載か
2022年に登場予定のiPadとMacBook Proは、ディスプレイに大幅な仕様変更が加えられる可能性がある。その変更とは、有機ELディスプレイ(OLED) の採用で、これまで採用してきた一般的なLCDと比べて、コントラストの向上...
Apple、ディスプレイを2023年から有機ELディスプレイに置き換えか「まずはiPad Airの画面から」
Appleは、現在iPhoneやApple Watchに搭載の有機ELディスプレイをほかのデバイスにも採用する可能性がある。搭載パネルの仕様変更時期は、DSCC(Display Supply Chain Consultants) が...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x