2021 Apple Watch 7、内部構造の小型化で新型センサー追加を計画か


2021 Apple Watch 7、内部構造の小型化で新型センサー追加を計画か

Appleは、2021年モデルのApple Watchの内部に大きな変更を加え、デザイン面あるいは機能面に大きな変化を与える可能性がある。

これは、現在最新モデルとして販売中のApple Watch 6に内蔵のSiPを更に小型化することで得られる余裕。

システムインパッケージの略であるSiPは、1つの基板に主要チップをすべて納めることで、余分な隙間をなくす構造をしている。

現行デザインのサイズを大きく変更することなく、新しい設計を取り入れるには、SiPの存在が必要不可欠で、Appleは2021年モデルのApple Watchで、内部の小型化を更に加速させる可能性がある。

MacRumorsが引用したDigiTimesの記事によると、台湾のサプライヤーであるASE Technologyが、パッケージの両面に必要チップを内蔵し、デバイスの小型化を可能にした。

小型化と高性能を両立したApple Watchには、片面にチップを内蔵したSiPを採用しているが、両面にパッケージングを施したSiPを採用することで、これまでよりも小型化が進む可能性があり、空いた空間を別の目的に使用することが可能となる。たとえば、バッテリーの大型化や、新しいセンサーの追加など。

Appleは、将来リリースするApple Watchに、血糖値モニタリングや体温検知を可能にするセンサーの搭載も研究を進めているといわれており、内部に生み出される余裕は、これら多くの可能性を広げることになる。

2021年モデルには、新しくウルトラワイドバンド技術の採用や、デザイン面ではディスプレイのラミネーション加工、ディスプレイフレームのスリム化が施されるといわれている。

Apple Watch 7 2021年モデル、ロックの解錠機能やディスプレイの見た目を変更か
Appleが2021年モデルとして発表を計画している新型Apple Watchは、見た目と機能の両面に変更が加えられて登場する可能性がある。シリーズの7世代目としてリリースされるApple Watch 7は、変更を加えづらいシンプル...
Apple Watch、「血糖値モニタリング」実装に向けての最終調整か
Appleは、ブラジルのApple Watchのユーザーを対象に、利用状況の調査に乗り出している。9to5Macによると、調査に乗り出した項目は、食生活や投薬、血糖値の監視に関する内容。この質問から得られたアンケート結果は、今後Ap...
Apple Watch 3、購入は控えた方がいい可能性「最新アップデートのキャパに余裕なし」
現在も旧モデルの位置付けで販売が継続中のApple Watch シリーズ3は、もうそろそろ潮時を迎えている可能性がある。Appleは、同社の複数製品に対してシステムのアップデートを行い、Apple Watch 3のアップデートファイ...
Apple Watch 7 2021年モデル、ロックの解錠機能やディスプレイの見た目を変更か
Appleが2021年モデルとして発表を計画している新型Apple Watchは、見た目と機能の両面に変更が加えられて登場する可能性がある。シリーズの7世代目としてリリースされるApple Watch 7は、変更を加えづらいシンプル...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x