iPad mini 6、デザイン刷新でメモリの容量もアップ「メモリ容量は先代の1GB増」


iPad mini 6、デザイン刷新でメモリの容量もアップ「メモリ容量は先代の1GB増」

Appleが2021年モデルとしてリリースしたiPad miniの第6世代は、物理ホームボタンを廃止し、全面ディスプレイを搭載して表舞台に立った。

刷新されたデザインは、2020年モデルのiPad Air 4に近い見た目へと変更され、処理装置にはiPhone 13シリーズと同様に最新のA15 Bionicチップが与えられている。

Appleは、この新しいモバイルタブレットに搭載のRAM容量について公言は避けているが、MacRumorsによれば、最新のiPad mini 6には先代のMac miniよりも1GBも多い容量が与えられているようだ。その容量は4GB。

このRAM容量は、2020年モデルとして登場のiPad Air 4と同じ容量で、キビキビと動くAirを見る限りでは、メモリ容量に不満を感じることはないだろう。

なお、iPad最高峠のiPad Proは、ストレージの容量でメモリ容量が異なり、最大の容量は16GBとなる。Macと同様の処理装置を与えられたiPad Proと比較すると、4GBは小さい値に感じられるが、用途が異なることを考えると、iPad miniにも十分な容量を与えられているように感じられる。

発売目前 iPad Air 4のテスト結果 / A14のベンチマーク公開「公言どおり速い」
Appleが2020年10月に発売を予定しているiPad Air 4について、Geekbenchにて好奇心をそそるテスト結果が見つかっている。それは、iPad Air 4に搭載されているApple A14 Bionicプロセッサをテ...
Apple、iPad Pro 2021を発表「M1チップ搭載で、iPadの皮を被ったMac」
Appleは、iPad Proの2021年モデルとして衝撃的なデバイスを発表した。2021年モデルのiPad Proは、2020年モデルのiPad Air 4や、iPhone 12シリーズに採用のA14チップをベースにチューニングが...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x