発売目前 iPad Air 4のテスト結果 / A14のベンチマーク公開「公言どおり速い」


発売目前 iPad Air 4のテスト結果 / A14のベンチマーク公開「公言どおり速い」

Appleが2020年10月に発売を予定しているiPad Air 4について、Geekbenchにて好奇心をそそるテスト結果が見つかっている。

それは、iPad Air 4に搭載されているApple A14 Bionicプロセッサをテストしたベンチマークテストの結果である。デバイスの頭脳となるプロセッサは、そのもの自体の性能を表す指標となる。

公開された結果は次の通り。2.99GHzで駆動する6コアのA14チップは、シングルコアで1,583、マルチコアで4,198の性能を記録している。

発売目前 iPad Air 4のテスト結果 / A14のベンチマーク公開「公言どおり速い」

ちなみに、記載されているマザーボード(メインの基盤) の型番がH308APのものは、正確なリークで有名な有没有搞措氏 (Twitter: @L0vetodream)によるとセルラーモデルで、Wi-FiモデルにはJ307APが搭載されているという。

比較として、iPhone 11 ProのA13チップを持ち出すと、シングルコアのスコアを見たときに、11 Proのスコアは平均して1,327である。この時点でA14は、前モデルのチップよりもはるかに効率的であることが確認できる。

Appleは、9月15日の発表イベントで、新しいiPad Air 4は、A12 Bionicを搭載した従来のiPad Airと比べて、処理速度が40%速く、グラフィックスの性能も30%向上していると伝えていた。今回のスコアを確認すると、その数値が妥当な線として示されていることが確認できる。

ただし、マルチコアを確認していくと、少々残念な部分が見えてくる。速い速いといわれているA14チップを搭載するiPad Air 4は、iPad Proをも凌ぐ高性能だと皆が確信していたはずである。確かに新しいデバイスとして登場するiPad Air 4は、それよりも前に発売されたデバイスよりも高性能であることに間違いはない。しかし、iPad Proに搭載されるA12Zチップは4,644ポイントを叩きだしており、A14の4,198ポイントはA12Zをわずかに上回ることができていない。

もちろん、この1度のテストですべてを評価すること自体が間違いであるため、今後多くのユーザーがベンチを行い、平均値が出せるだけの材料を見守るしかない。

また、この結果にはハンディがあることもお伝えしたい。デバイスの性能を左右するものは、基本的にプロセッサという処理装置のほかに、一時記憶として使用されるメモリや、記憶装置などの性能にも左右される。

まず、iPad ProのA12Zチップは2.49GHzの8コアであり、iPad Air 4のA14チップは2.99GHzの6コアである。新しいA14チップは周波数ではA12Zを上回るが、ベンチテストのように、そのものの性能を測るような場面では、コア数がものをいうこともあり、結果としてマルチコアの性能が落ち込む形となった。

AppleのA14チップは6コアなのか8コアなのか / この問題はどちらも正解
Appleが新しいデバイスへ搭載を始めたA14チップは、最新の5nmという従来の7nmよりも精密なもで、さらなる高性能化が図られた処理装置である。しかし、前回公開したA14のベンチマークテストの結果に、少し疑問を感じている人が出てきてい...

メモリに関してもA12Zチップを搭載するiPad Proは、2020年モデルのため、全モデルでメモリ容量が6GBである。それに対して、新しいiPad Air 4が搭載するメモリ容量は4GB。この違いは少なからずベンチテストの結果に反映される可能性があることもお伝えしておきたい。

新しいiPad Air 4、いよいよ登場か / 発売が前倒しの可能性
Appleは、新しいiPad Air 4の発売を前倒しする可能性が出てきている。2020年9月15日に開催されたアップルの発表イベントでは、目移りするほどの魅力的なデバイスやサービスが数多く発表された。

iPad13,2 - Geekbench Browser
Benchmark results for an iPad13,2 with an ARM processor.
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x