Macは2022年から3nmチップを搭載で更に高性能化か


Macは2022年から3nmチップを搭載で更に高性能化か

Appleは、2022年以降にリリースのデバイスに、これまでよりも繊細なプロセスを経て誕生する処理装置を搭載する可能性がある。

DigiTimesは、レポートプレビューで業界関係者による情報を提供した。この情報によると、Appleの処理装置、Appleシリコンの製造を担うTSMCが2022年後半から3nmプロセスでチップの生産に乗り出す。

TSMCは、2022年6月初めから3nmチップの製造を開始するために調整に入ったことが伝えられていた。

おそらく、その生産分が出荷される先はApple。生産が開始される時期と、その後にリリースを控えるデバイスの関係性を考えた時に、最も有力なデバイスは2022年モデルのiPhoneが挙げられるだろう。

しかし、この3nmチップを搭載するデバイスは、Macから始まる可能性も高い。

Appleは、2020年の世界開発者会議WWDCの場にて、Macに搭載の処理装置に触れた。計画は、処理装置として一般化してきたIntel製CPUの搭載を取りやめて、代わりにAppleシリコンへ移行する。目標は、今後2年間のうちにAppleシリコンへ完全移行するというもの。

現在、Appleは、Mac mini、MacBook Air、MacBook Pro、iMacのAppleシリコン化に成功しており、2021年秋には2020年モデルのM1チップを改良したチップとしてM1Xチップをリリース。この新しいチップは、2021年モデルのMac miniに搭載される可能性がある。

その傾向は、Amazonの販売価格にも影響を与えている可能性がある。Appleのデバイスを取り扱うAmazonは、最近になりMac miniの販売価格引き下げを行った。

2年後の2022年に、Appleシリコンを搭載する最後のデバイスは、Mac Proになる可能性が有力視されており、現在よりも高性能な3nmチップの搭載か有力なデバイスは、Macの最高峰であるMac Proから始まる可能性が高いように感じている。

なお、2022年モデルのiPhoneについては、2020年の5nmから1nm繊細なプロセスへと切り替えられた4nmチップの搭載が予測されている。

Appleは2022年にAppleシリコンへ完全移行「MacBook Air、最後にMac Proが登場の可能性」
Appleは、公約通り、Appleシリコンへの移行を2年で完了する可能性がある。この公約は、WWDCの場で掲げられたもので、Macの処理装置に変更を加える計画。これまで一般化していたIntel製のCPUを搭載することを取りやめ、代わ...
Amazon、M1 Mac miniを値下げ「2021年モデル登場の準備?」 / 価格推移
Amazonは、2020年モデルとして登場のM1 Mac miniの販売価格を値下げした。販売価格の修正が行われたモデルは、スタンダードな選択肢としては高性能なモデルで、8GBメモリに512GBの記憶装置を搭載した仕様のものである。...
iPad Pro、2022年に3nmチップ採用の可能性「iPadの魅力を押し上げか」
Appleは、2022年に発表の新しいデバイスに、2020年に登場の5nmよりも繊細な3nmチップを搭載する可能性がある。Nikkei Asiaが報じた内容によると、AppleとIntelは、TSMCの3nm生産技術を使用してチップ...
2021年モデルのiPhone 13、更にパワフルで省電力か「処理装置の製造プロセスが向上」
iPhoneの2021年モデルは、2020年モデルのiPhone 12やiPad 4に搭載のA14チップよりも更にパワフルな処理装置が搭載される可能性がある。Appleからの受託で処理装置の製造を担うTSMCは、予定よりも早い段階で...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x