iPad Pro、2022年に3nmチップ採用の可能性「iPadの魅力を押し上げか」


iPad Pro、2022年に3nmチップ採用の可能性「iPadの魅力を押し上げか」

Appleは、2022年に発表の新しいデバイスに、2020年に登場の5nmよりも繊細な3nmチップを搭載する可能性がある。

Nikkei Asiaが報じた内容によると、AppleとIntelは、TSMCの3nm生産技術を使用してチップのテストを行っており、市販品への搭載は来年後半に開始される予定。

情報筋によると、3nmのチップを初搭載するデバイスは、AppleのiPadが有力で、2022年モデルのiPhoneには5nmと3nmの中間に位置する4nmが採用される可能性がある。

Appleは、これまで登場のデバイスに、新しいチップを採用する際、その切っ掛けをiPhoneに与えていた。しかし、このサイクルが変わり始めたようだ。

2020年、コロナウイルスによるパンデミックの影響で、デバイスの開発や製造に影響が出た。このことが影響しているのか、それともマーケティング戦略としてなのかは不明だが、本来であればiPhoneから始まる新型チップの搭載は、2020年にiPadが先陣を切って搭載するようになった。

5nmチップを一番初めに搭載したモデルは、2020年に登場したiPad Air 4である。新しく登場した新型のチップは、それまでのチップよりも性能を向上させたことを見せつけ、後に登場するiPhone 12シリーズにも採用された。

MacRumorsによると、新しい3nmチップを初搭載するモデルは、2022年に登場予定のiPad Proになる可能性が高い。この可能性が正しければ、iPad Airへ搭載されるチップは、iPhoneへ搭載が見込まれる4nmチップが採用されそうだ。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥174,800(2022/12/05 21:54:29時点 Amazon調べ-詳細)
2021年モデル iPad Proのメモリ容量「メモリ使用制限で性能フルに使えない」
2021年モデルのiPad Proは、Mac 2020に初搭載の処理装置M1チップを搭載して登場した。これまでMacとiPadの住み分けは、標準搭載された物理キーボードと処理装置の違いが大部分を占めていたが、処理装置の統一化が図られ...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx