Appleは2022年にAppleシリコンへ完全移行「MacBook Air、最後にMac Proが登場の可能性」


Appleは2022年にAppleシリコンへ完全移行「MacBook Air、最後にMac Proが登場の可能性」

Appleは、公約通り、Appleシリコンへの移行を2年で完了する可能性がある。

この公約は、WWDCの場で掲げられたもので、Macの処理装置に変更を加える計画。これまで一般化していたIntel製のCPUを搭載することを取りやめ、代わりにiPhoneなどに搭載のAppleシリコンへ設計を変更する。

自社製のAppleシリコンへの移行は、2020年からスタートし、Mac mini、MacBook Air、MacBook Proからモデルチェンジごとに随時移行が開始された。Macに初搭載となったAppleシリコンは、M1チップというエントリークラスの処理能力だったが、このチップに関してもエントリーの域を超えるものである。

BloombergのMark Gurman氏は、毎週更新のPower Onで、M1チップのカスタムモデルとして登場予定の高性能なM1Xチップは、今後数ヶ月間のうちに登場する見込みと伝えている。

M1Xチップを初めて搭載するモデルはMac miniが濃厚で、発表後すぐに登場するだろうと予測。登場は、これまでの発表スケジュールに狂いがなければ秋のリリースとなる。

2022年のスケジュールは、充電ケーブルがMagSafeに変更されたモデルとしてMacBook Airが登場するようだ。Mini LEDを採用したディスプレイや、ボディカラーの変更など、フルモデルチェンジが噂されている。

そして、2年目の2022年最後に登場するモデルは、Mac Proになる可能性がある。登場が予測されている仕様は、高性能Macとしての地位を保持するために20コアから40コアの処理装置を搭載すると予測されている。

Gurman氏は、最後のIntel搭載Mac Proが登場する噂について、噂は事実であり発売が予定されていると考えを示している。

M1 MacBook Proは画面にヒビが入りやすい可能性
Appleが2020年モデルとしてリリースしたMacBookは、一般的な使用を続けていたとしても画面が破損する可能性があるようだ。9to5Macは、RedditのAppleコミュニティの内容を取り上げ、M1 MacBookの画面につ...
created by Rinker
Apple(アップル)
カラー, 容量 選択可

Via: AppleInsider

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x