iPhone 13シリーズ、新たなモックが公開される


iPhone 13シリーズ、新たなモックが公開される

2021年モデルの次期型iPhoneは、背面のカメラに大きな特徴が現れるといわれている。

まだ現時点では発表すらされていない次期型のiPhoneだが、これまでにも多くのイメージ、あるいはモックが公開されており、今回はリーカーのSonny Dickson氏によって新たなモックが公開された。

Dickson氏がTwitterで公開したモックは合計で4タイプ。公開された写真を確認すると、サイズが異なる4種類、3サイズのモックを目にすることができる。サイズは、おそらくiPhone 12シリーズと同様に、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチ。

向かって左からiPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 miniと並べられている。

質感やデザインに関しても2020年モデルのiPhone 12シリーズから受け継がれているようで、フラットなデザインに、左2つのハイエンドモデルはマットな質感、右2つのスタンダードモデルには光沢のある背面が起用されている。

12シリーズとの違いを見るには、カメラユニット部分を確認する。カメラユニットに納まるレンズの突出が、これまでのiPhoneよりも抑えられてフラットに近いように見受けられる。

また、ハイエンドのProモデルに関しては、これまでのカメラユニットよりも背面を大きく専有していることが確認できる。スタンダードモデルに関しては、これまで縦一列に並べられていたレンズが斜めに配置されている。

カメラの性能に関しては、すべてのモデルにセンサーシフト式の手ぶれ補正を搭載していると噂されており、カメラの性能が向上している可能性が高い。

また、120HzのProMotionテクノロジーを採用するともいわれており、ハイエンドのProモデルに関しては、それに対応した動画の撮影が可能なカメラ性能を有している可能性もある。

消費電力が高い120Hz駆動を考慮してか、バッテリー自体も大型化するといわれており、iPhone 12との比較では、厚みと重量が若干増す可能性もある。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x