iPhone 12の販売は最短1ヶ月遅れ、10月中から販売開始の可能性


iPhone 12の販売は最短1ヶ月遅れ、10月中から販売開始の可能性

今年2020年に発売を予定しているiPhone 12は、前例のない発売の遅延となる可能性が出てきている。

Macお宝鑑定団Blogは、中国のサプライヤーから入手した情報として、iPhone 12は最短で10月中旬まで発売されないと伝えている。

Appleは、例年通りであれば iPhoneの発表を9月に行い、それから数週間のうちに発売を行うのが通例である。

しかし、今年に限っては、昨年末から徐々に猛威を振るい始めたコロナの影響で、生産の遅れを取り戻せていない可能性が出てきている。

以前、BroadcomのCEOであるHock Tan氏が、北米の大規模な携帯電話メーカーに製品サイクルの遅延が発生していることをお伝えしたが、その後に別の情報では遅れを取り戻したともあり、今後のリリース予定がどうなるのか関心が高まっていたところである。

今回、中国の情報筋から得られた情報では、AppleのLTEモデルのiPhone 12は10月中旬にリリースされ、5GモデルのiPhone 12は11月にもつれ込むと予測されている。

ただ、あくまで情報であるため、今後遅延分を取り戻す可能性もあれば、もう少し伸びる可能性もある。現時点で、多方面から遅延の情報が出ているため、遅れが生じる可能性は高いが、一部の機種のみ例年通りの発売にこぎ着ける可能性も残されている。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x