Apple Car、元BMW幹部を雇用「電気自動車の開発が一気に加速するかも」


Apple Car、元BMW幹部を雇用「電気自動車の開発が一気に加速するかも」

Appleは、電気自動車の開発陣営に、元BMWの上級幹部Ulrich Kranz氏を雇用した。

Kranz氏は、BMWで30年の経歴を持つ人物で、BMWの電気自動車i3やi8を手がけた開発グループでも実績がある人物である。

同士は、BMWを退社した後に、自動運転の電気自動車開発を手がけるCanooへ最高経営責任者として移籍した。そして、Canooから退き、1ヶ月という短期間の間にAppleへ籍を置いた形となる。

Bloombergによると、AppleがKranz氏を雇用したことは、電気自動車の先駆けともいえるテスラに、真っ向から対応する自動運転の電気自動車を開発する決意の表明だと伝えている。

Appleの電気自動車、通称Apple Carについては、韓国のヒュンダイグループに収まる起亜がアメリカの工場で生産を担うといった話や、Appleが多数の自動車メーカーと製造について交渉を行っているといわれてきた。

その際には、ヒュンダイが新しく発表した電気自動車用のプラットフォームが採用されるとの情報もあったが、それ以前にCanooのフレームが採用されるという話が浮上していた。

Canooのシャシーフレームは、トラックなどに使用されるラダーフレームが基礎のようなデザインで、車両下部のみで剛性を保つ構造は、上部の空間を自由に設計することを用意とするものである。

直近では、ポルシェを退社したシャシー開発責任者がAppleに移籍している。

ポルシェのシャシー開発責任者に、BMWからCanooへと順調に電気自動車と関わった人物のコラボレーションは、Appleにとって新たなカテゴリへの進出を一気に加速させる可能性がある。

Apple Car、450馬力のポルシェ911に匹敵か / E-GMP採用「0-100が3.5秒未満」
Appleが発表を見込む電気自動車のApple Carは、ヒュンダイと緊密に調整を整えた上で、欧州のPSAが共同で製造する可能性がある。PSAとは、フランスに拠点を置くPSAグループのことで、自動車の製造や販売を行う多国籍企業である...
Appleが着目した電気自動車「Canooのシャシーフレームが独特、ハンドルは屋外設置も可?」
Appleは、Apple Carの開発に向けて、EVのベンチャー企業Canooと協議をしていたという。The Vergeが取材した人物によると、AppleとCanooは投資としての出資を目的とするものから買収までに至るまで、金銭が絡む様...
Appleが本気、「ポルシェ」からシャシー開発責任者を引き抜き / 世界最良の電気自動車を計画か
Photo: porsche.comAppleは、ポルシェの開発責任者をヘッドハントした。ターゲットとなった人物は、Manfred Harrer博士 (48) 。長年ポルシェでシャシーの開発に携わった責任者で、SUVのカイエンはHa...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x