2023年のiPhone 15、ノッチに収まる「センサーがディスプレイに隠れて見えない」可能性


2023年のiPhone 15、ノッチに収まる「センサーがディスプレイに隠れて見えない」可能性

Appleは、早ければ2023年のiPhoneにパンチングホールデザインを採用し、現在その中に収まるセンサー類をディスプレイ下部に見えない形で収めてしまう可能性がある。

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2023年のiPhoneにはアンダーディスプレイのFace IDシステムが搭載される予定で、現在のようなノッチの必要性が薄れることを伝えている。

現行iPhoneの画面上部を専有する切り欠き部分には、ぱっと見でカメラの存在を見つけ出すことができる。しかし、そこに収まるシステムはそれだけに留まらず、顔認証に必要なセンサーなどが多く含まれている。

カメラに関しては、パンチングホールデザインを採用することで、ディスプレイの一部に存在が残る可能性はあるが、センサー類に関してはディスプレイ下部に埋め込まれることで存在を気にすることがなくなり、画面に表示される情報量にメリットを与える可能性がある。

Kuo氏は、2023年のiPhoneには、アンダーディスプレイのFace IDシステムの搭載と、そのほかにペリスコープレンズを採用した超望遠の背面カメラを予測している。

現時点では、アンダーディスプレイのFace IDが、どのモデルに採用されるのかは不明である。おそらく、ハイエンドモデルへの採用は確実のはずだが、スタンダードモデルやSEなど、下位グレードにはノッチが残るのかもしれない。

iPhone 14、画面上部のノッチ廃止 パンチングホール採用か
Appleが2022年の発表に向けて開発を模索するiPhoneは、ディスプレイ面に新しい仕様を盛り込む可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、次世代のiPhoneにはパンチングホールディスプレイデザインが採用さ...
Apple、2022年発売のiPhone「超望遠カメラを搭載」する可能性
Appleは、2022年に発売を予定するiPhoneにペリスコープズームを採用した超望遠カメラを搭載する可能性がある。Ming-Chi Kuo氏の新しいレポートによると、レンズサプライヤーである韓国のSemcoと中国のSunny Opt...
iPhone 2021年と2022年、「カメラレンズの性能」段階的に引き上げか / Face IDのレンズにも変化
Appleは、2021年と2022年のiPhoneに、性能の熟成を追い求めるようだ。その求める熟成は、被写体を捉えるカメラレンズに焦点が向けられているようで、2年という長い年月を掛けて段階的に性能が引き上げられる可能性がある。
2021年 iPhone 13、画面内Touch ID搭載で調整か
2021年モデルとしてAppleがリリースを見込む新型のiPhoneは、これまで幾度となく噂になってきた指紋認証技術を搭載して登場する可能性がある。指紋認証によるセキュリティ機能の搭載は、iPhoneのホームボタンに内蔵されたセンサ...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x