Apple、まったく新しい iPhone 12 Proに注文殺到 / 思わぬ需要でVCSEL増産の兆し


Apple、まったく新しい iPhone 12 Proに注文殺到 / 思わぬ需要でVCSEL増産の兆し

Appleが今秋リリースしたiPhone 12シリーズは、予想をはるかに上回る需要があり、一部のモデルについて増産を行う可能性がある。

DigiTimesは業界筋の情報として、Appleは、iPhone 12 Proに使用されるLiDARスキャナーのチップを増産する準備を整えたと伝えている。

LiDARスキャナーは、光の飛行時間を計測して3次元の情報を取得するもので、それに使用されるVCSELチップの増産を決めたようだ。

VCSELとは、Vertical Cavity Surface Emitting Laserの略で、直訳すると、垂直共振器面発光レーザーという。

Apple、まったく新しい iPhone 12 Proに注文殺到 / 思わぬ需要でVCSEL増産の兆し

基盤面に対して垂直に光を共振させ出射するレーザーで、このチップを利用することにより、カメラを通して見た空間を3次元に捕らえることが可能となる。

カメラフォーカスの正確性や速度の向上が期待できたり、ARに有効活用されたりする技術である。

特に便利に感じる面は、やはりカメラでの撮影で、フォーカスの合いづらい暗所撮影で撮影する際や、動きの定まらない被写体を撮影する際など、従来までのカメラではお手上げだった状況下でも的を外しにくい撮影が可能となる。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x