Appleイベント、WWDC 2021 「6月7日から開催」決定


Appleイベント、WWDC 2021 「6月7日から開催」決定

Appleは、恒例の世界開発者会議(WWDC)を2021年にも開催する。

開催は、新型コロナウイルスの影響を受けて、本年も引き続きオンラインによるイベントとなる。日程は、2021年6月7日から11日まで。

開発者会議で発表される内容は、基本的にソフトウェア関連の技術が中心となるが、処理装置をIntel製のチップからAppleシリコンへ移行を進める最中のAppleは、新型のMacを示唆する内容を含ませる可能性がある。

また、まったく新しい開発としては、WWDC 21の公式サイト上に用いられたミー文字(iPhoneなどに採用の立体的な顔) が、それを示唆している可能性がある。

現在、Appleは仮想現実あるいは拡張現実を実現するデバイスの開発を行っているといわれており、その分野に関する新たな挑戦が披露されるかもしれない。

現在濃厚な発表は、iPhoneのiOS 15や、iPadOS 15、macOS 12、tvOS 15、watchOS 8など、システムの中枢となるOSを発表するのではと予測されている。

イベントへは、すべての開発者が無料で参加が可能。本来1,599ドル必要な参加費は掛からない。

参加方法は、Apple Developerウェブサイトや、iPhoneやiPad、Apple TV向け専用のApple Developerアプリから参加が可能。

2021年モデルのiMac、2モデルの発売が濃厚「J456とJ457」
Appleが2021年モデルとして発表するiMacは、2種類ラインナップされる可能性が濃厚となった。以前、Bloombergは、コードネームJ456とJ457のMacがリリースされると見込みを伝えていた。
新型iPad、まもなく登場か「開発者版のシステムに、コードネームと新型チップの痕跡」
Appleは、早ければ4月にも新型iPad Proの発表を行うといわれるており、この度そのiPadらしき痕跡が発見された。9to5Macの情報によると、新しいiPadのコードネームは、J517、J518、J522、J523。発見され...
Appleの複合現実ヘッドセット、平面の集光レンズを採用か / 採用の可能性があるフレネルレンズとは
Designed by Antonio De RosaアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは、ヘッドセットの軽量化にフレネルレンズを採用する可能性がある。開発が進む複合現実ヘッドセットは、軽量化が最終的な課題と...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x