WWDC 2021は「iOS 15とmacOS 12の発表」がメインか


WWDC 2021は「iOS 15とmacOS 12の発表」がメインか

Appleは、iPhoneやMacのシステム中枢であるオペレーティングシステムの次期バージョンを開発している。

おそらく、2021年の世界開発者会議(WWDC) では、iPhoneとMacの次期iOSとmacOSがメインとして登場する可能性がある。

新しいOSが、まもなく登場することを示唆する記述を発見したのは9to5Mac。SafariのレタリングエンジンであるWebKitから発見されたコードには、macOS 12とiOS 15という未発表のバージョンを参照していることが確認できた。

WWDC 2021は「iOS 15とmacOS 12の発表」がメインか

次期型のwatchOSやtvOSについては、現時点で存在が確認できる記述を確認することはできないが、こちらも同時に発表される可能性は高い。

WWDCは、その名の通り開発者に向けて、新しい仕様を公開することがメインのイベントである。毎年恒例のWWDCは、昨年に引き続き2021年も通常通り開催が決定している。

ただし、通常といっても本年もコロナウイルスの影響で、オンラインによる開催となる。開催の日程は、2021年6月7日から。本来であれば、有料で参加が可能なイベントだが、すべての開発者が無料で参加できる企画として、詳細が公開されている。

Appleイベント、WWDC 2021 「6月7日から開催」決定
Appleは、恒例の世界開発者会議(WWDC)を2021年にも開催する。開催は、新型コロナウイルスの影響を受けて、本年も引き続きオンラインによるイベントとなる。日程は、2021年6月7日から11日まで。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x