iPhone 12の正式名称、従来と異なる点判明か


iPhone 12の正式名称、従来と異なる点判明か

Appleが今秋発表する新しいiPhone 12シリーズは、スタンダードモデルとハイスペックモデルが用意され、各2種類のサイズがランナップされる見込みである。

このラインナップ自体は、従来のものと変わりはない。しかし、どうやら名称の基準が変更された可能性が出てきている。

Appleの正確なリーク情報で有名な有没有搞措氏 (Twitter: @L0vetodream)は、TwitterでiPhoneの名称と思われる名称を公開している。

有没有搞措氏のリーク情報は、いつも主となる単語しか用いておらず、希に難解なものも見られるが今回は分かる。12から始まる4行は、正にAppleがリリースの遅延を発表したiPhoneのそれである。

iPhone 12 Pro、10月23日発売か
今秋リリースを予定しているiPhone 12 Proは、10月23日(金) に発売される可能性がある。Appleが、秋に発売を予定しているiPhone 12シリーズは、感染病の関係で、開発と製造に遅延が発生しており、通常よりも数週間...

情報によると、iPhone 12シリーズの名称は、iPhone 12 mini (5.4インチ)、iPhone 12 (6.1インチ)、iPhone 12 Pro (6.1インチ)、iPhone 12 Pro MAX (6.7インチ) の4タイプとなる。

この違和感にお気づきだろうか。iPhoneは小さなモデルを基準として、大きなモデルに特別感を出す単語を用いることが一般的だ。しかし、今回発表されようとしているiPhone 12は、その図式に当てはまらない。

ハイスペックモデルに当たるiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MAXは、従来と変わらない名を受け継いでいるが、問題はスタンダードモデルに当たるiPhone 12 miniとiPhone 12の名称。特性が逆になっていることに違和感を抱く。

特別に小さなiPhone 12という位置づけなのだろうか。

予測ではiPhone 12、iPhone 12 MAXの名称が与えられると考えられていただけに、この名称は大きな誤算である。

確かによく考えてみれば、小売りでのトラブルを避けるためには理にかなった名称だ。スタンダードのベースモデルにiPhone 12を位置づけることで、iPhone 12 miniを強調することが可能となる。

iPhone 12 miniは、初代iPhone SEのリリース以降に発売されたiPhoneの中で、最も小さいモデルであるがゆえのことだろう。オーダー時にサイズに関心を向ける配慮は必要だ。

iPhone 12、パッケージから正式名称判明か 純正シリコンケースから「本来の発売月」も判明
Appleがリリースを予定しているiPhone 12シリーズ。この新しいiPhoneに対応した純正のシリコンケースが、私たちのようにiPhone本体の発売を待ち焦がれているようだ。今秋にも発売を予定してるiPhone 12シリーズは...
iPhone 12のサイズ感が確認できる壁紙が配布される
Appleが今年2020年の秋にリリースをすると見込まれているiPhone 12シリーズ。そのiPhone 12シリーズの中で、一番小さいデバイスとされる5.4インチを体験できる壁紙が配布されている。iPhone 12シリーズに用意され...

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x