iPhone標準のSafariをGoogle Chromeに変える方法


iPhone標準のSafariをGoogle Chromeに変える方法

iOS 14では、iPhoneでインターネットのページを閲覧するブラウザをSafariからGoogle Chromeへ、既定を変更することが可能になった。もちろんほかのブラウザ、たとえばSmoozやFirefox、マイクロソフトのEdgeなども使用可能である。

ただ、ブラウザの種類があまりにも多いため、今回は親しみがある人の多いGoogle Chromeの名前をお借りして先に進めたいと思う。

iPhoneではSafariをメインに使用している人が多いとは思うが、Googleが提供するChromeブラウザも根強い人気。パソコンでChromeを利用している関係で、iPhoneでもChromeを使用したいと考える人も多い。

インターネットを閲覧するアプリをブラウザという。このブラウザをSafariからChromeに変更することで利便性が向上する場面は、アプリの連携機能である。

メールやLINE、Twitterアプリからアクセスするインターネットページは、既定に設定しているブラウザで読み込みを開始する。この連携されたブラウザをSafariからChromeに変更することで、Safari以外を利用するユーザーはブックマーク(お気に入り) などにも悩まされることが少なくなりそうだ。

iPhone既定のSafariを別のブラウザに変更する方法

1. 「設定」を開く

iPhoneの設定

iPhoneのホーム画面から「設定」を開く。

2. ブラウザの設定を開く

iPhone標準のSafariをGoogle Chromeに変える方法

Safari以外のブラウザ、たとえばGoogle Chromeの設定を開く。

既定値がSafariの時は、Safariにこの設定画面が表れない。必ず別のブラウザ設定を開く。

3. 既定値を変更する

iPhone標準のSafariをGoogle Chromeに変える方法

「デフォルトのブラウザApp」を開き、既定に設定するブラウザを変更する。

ここでSafari以外に変更が完了すると、Safariの設定画面にも「デフォルトのブラウザApp」を変更する設定が表示される。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x