新型iMac 21.5 いよいよ発表か / 現行の生産が停止


新型iMac 21.5 いよいよ発表か / 現行の生産が停止

Appleは、新型iMacを前倒しで発表する可能性が出てきた。

その動きが見られるモデルは21.5インチのiMacで、Appleはひっそりと、その在庫数を減らしに入った可能性がある。

AppleInsiderは、情報筋から得た情報として、AppleがiMac 4Kの一部モデルの生産を停止したと伝えている。

実際にAppleオンラインショップを覗くと、日本でも影響は既に出ており、SSDのオプションとして用意された512GBと1TBはオーダーをストップ。オプションを入れ替えて注文することはできない。

情報筋から得られた情報では、この生産停止と新型iMac発表の因果関係は不明である。しかし、最近続々と流出し始めた新型iMacの情報量から察するに、9月に発表を予定していたモデルが3月の発表へと前倒しになった可能性は考えられる。

次期型のiMacは、ディスプレイ下部に設けられた伝統のアゴがなくなるとの情報があり、全体的なデザインにはフラットエッジを採用するといわれている。

最近ではリーカーのJon Prosser氏(Twitter: @jon_prosser) が、iMacのカラーバリエーションに触れ、これまでよりも数を増やして5色展開になることを伝えている

取り入れられるカラーは、シルバー、スペースグレイ、グリーン、スカイブルー、ローズゴールド。2020年モデルとして登場したiPad Air 4と同色である。

Appleは安価なディスプレイの開発にも取り組んでいるといわれており、同時期に情報が出始めた新型ディスプレイの存在は、iMacとの関連性を含むものなのかもしれない。

たとえば、開発中のディスプレイサイズは不明だが、アップルが収益の旨味を引き出すのであれば、iMacとディスプレイサイズやボディの形状を共有する可能性がある。

2021年、次期 iMacは「アゴがなくなる?」 / Pro DisplayXDRのデザインがベースか
Appleは、2021年にフルフラット化を果たしたiMacをリリースする可能性がある。ディスプレイ内部にMacの機構を詰め込んだiMacは、現在のモデルが登場して9年の歳月が流れた。
2021年 iMacは5色展開か / 低価格モデルを投入の可能性
Appleは、iMacに複数のカラーバリエーションを展開する可能性がある。リーカーのJon Prosser氏(Twitter: @jon_prosser) は、YouTubeチャンネルのFRONT PAGE TECHで、2021年モ...
Apple、気軽に使える「安価なディスプレイ」を開発か
Appleは、2016年に販売を終了したThunderbolt Displayの後継モデルを開発している可能性がある。現在、Appleがリリースしているディスプレイは、プロが妥協しない性能を求めて購入するPro DisplayXDR...
2021年モデル、9月に発表か「MacBook Pro 14、MacBook Pro 16、iMac 27」 / M1X、プレサンプルの詳細が明らかに
Appleは、2021年モデルのMacとして、MacBook Pro 14、MacBook Pro 16、iMac 27の発売を行う可能性がある。搭載される処理装置はAppleシリコンで、モデル名はM1Xチップ。CPU Monkeyに試...
次期MacのAppleシリコン、インテルがうろたえる超高性能か / 20コアCPU搭載 MacBook Pro登場の可能性
Appleは、2021年モデルとして発表予定のMacに、新しく強力なAppleシリコンを搭載する可能性がある。搭載が見込まれるAppleシリコンは、Appleが2020年モデルのMacに搭載したAppleシリコンを遙かに上回る性能を持た...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x