次期MacのAppleシリコン、インテルがうろたえる超高性能か / 20コアCPU搭載 MacBook Pro登場の可能性


Appleは、2021年モデルとして発表予定のMacに、新しく強力なAppleシリコンを搭載する可能性がある。

搭載が見込まれるAppleシリコンは、Appleが2020年モデルのMacに搭載したAppleシリコンを遙かに上回る性能を持たせたものである。

次期MacのAppleシリコン、インテルがうろたえる超高性能か / 20コアCPU搭載 MacBook Pro登場の可能性

2020年モデルのMacに採用されたAppleシリコンはM1チップ。エントリーモデルとして登場したM1チップは、データの処理能力やグラフィックスの性能を測定するベンチマークテストで性能が暴かれ、それらのデータを見た人たちを驚愕させた。

ベンチマークテストでM1チップが叩きだした性能は、Intel製の高性能チップよりも明らかに高性能な値を示していたのである。

低消費電力と小型化について考えられたM1チップは、そのお淑やかなイメージからは想像しうることのできないほど高い性能を秘めて登場した。

M1チップ搭載Mac、格上の「Intel i9搭載MacBook Pro 16よりも爆速」 / ベンチマーク結果、i9-10910を引き離す性能
Appleが2020年11月11日に発表したM1チップ搭載のMacは、これまでのIntel製CPU搭載Macを超越する性能のようだ。M1チップを搭載したMacとして、2020年に初めてリリースされたモデルは、MacBook Pro ...

Appleは、2年を目処にIntel製のCPUからAppleシリコンへ処理装置を変更していくと伝えており、M1チップの性能が明らかになった今、2021年から2022年前半に登場するAppleシリコンには非常に注目が集まっている。

そんな矢先、BloombergのMark Gurman氏(Twitter: @markgurman) は、AppleがハイエンドのPCを凌駕するほどの性能を次期Macに搭載する準備をしていると伝えた

Gurman氏に情報を提供した関係者によると、次期Appleシリコン搭載Macは、2021年の春から秋にかけてリリースされる予定で、対象となるデバイスはMacBook ProとiMacであるという。

iMacに関しては、エントリークラスとハイエンドの2タイプの準備を進めているようだ。Mac Proに関しては、おそらく2021年後半から2022年前半になるのだろう。

次期ハイエンドMacBook Proに搭載されるAppleシリコンは、20コアを有するもので、その内の16コアが高速処理を必要とするコア、残りの4コアが低消費電力用のコアとなる。ちなみに、2020年モデルに搭載されたM1チップは8コアである。

驚くべきことに、次期MacBook Proに搭載される高性能Appleシリコンは、AppleがMacに搭載する処理装置として考えたミドルクラスの性能を持ったものであるということ。

Appleは、ハイエンドのMac Proなどに搭載するために、超高性能なAppleシリコンとして、32コアを有するチップの開発に取り組んでいるようだ。

M1チップMacのグラフィック、パワフルなGPUと同等 / フォトショやイラレ、ゲームには使えるのか
Intel製のCPUに代わり、Appleシリコンを初めて搭載したMacは、グラフィックス一体型のCPUを搭載し、AMD RadeonやNVIDIA GeForceのグラフィックスは搭載していない。IntelのCPUに内蔵されているグ...
Amazon、M1チップMacが出揃う / アップルストアよりお買い得
Amazonは、Appleが2020年モデルとしてリリースしたMacの取り扱いを開始した。処理装置をIntel製のCPUから自社製のAppleシリコンに変更し、まったく新しいデバイスとして登場したMacは、想像以上の性能を備えたもの...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x