iPad 2022年モデル、一部のモデルに初の有機ELディスプレイ搭載が確定か


iPad 2022年モデル、一部のモデルに初の有機ELディスプレイ搭載が確定か

Appleは、2022年モデルのiPadに、有機ELディスプレイの搭載を計画している可能性が高い。

韓国のETNewsは、業界筋からの情報として、iPadのディスプレイパネルについて取り上げ、従来の液晶ディスプレイから有機ELディスプレイの採用に仕様が変更されると報じた。

Appleとサプライヤーの間では、既に生産と出荷についての契約が成立しているようだ。

搭載されるモデルについて具体的には示されていないが、iPadの数モデルから切り替えが始まると伝えられており、iPad Airの存在が有力の可能性がある。

アナリストのMing-Chi Kuo氏も2022年モデルのiPad Airには有機ELディスプレイの採用を示唆するレポートを共有している。なお、想定される次期型のiPad Airについては、バックライトにMini LEDの採用は見込めない可能性がある。

これまで使用されてきた一般的な液晶ディスプレイから有機ELディスプレイへシフトするiPadのディスプレイは、従来型よりも鮮やかなコントラストを提供するものとして、旧モデルを凌駕するはずである。

その差は、従来型のディスプレイ比で、より深い黒色やコントラストが魅力を発揮し、日中屋外での使用にも耐えうる高輝度を発揮するデバイスとなりそうだ。

iPad Pro 2021、4月に量産開始か「Mini LED搭載の可能性」 / iPad Air、有機ELディスプレイ搭載を示唆
2021年モデルのiPad Proが量産の体制に入る可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏は、量産が4月中旬から下旬に開始されると予測し、新型のiPad ProはバックライトにMini LEDを採用したディスプレイが搭...
created by Rinker
Apple(アップル)
¥69,080(2021/06/24 20:37:15時点 Amazon調べ-詳細)
カラー選択可
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x