iPhone 13、そろそろAppleCareの加入を考えるべきか「非純正ディスプレイでも警告文、Face IDが使用不能に」


iPhone 13、そろそろAppleCareの加入を考えるべきか「非純正ディスプレイでも警告文、Face IDが使用不能に」

Appleは、iPhoneの品質を保つためか、iPhone 13シリーズからは新たな警告を追加したようだ。

厄介なことに、この警告が表示されたiPhoneは、セキュリティに関する顔認証のFace IDが使用不能になる。

iPhoneは、修理が行われたディスプレイやカメラについて、その部品やサービスが純正以外の場合に警告文を表示している。この警告文が、iPhone 13シリーズからはFace IDにも及び、非純正のディスプレイに交換した場合、Face IDの機能が停止する。

Appleによると、この警告文は、iPhoneを使用するユーザーに純正部品が使われていないことを知らせるものである。修理に出したデバイスが、Appleの認定技術者によって修理や診断されたことを保証するために、必要な包括的計画の一環だと伝えている。

世間では、ディスプレイパネル自体に、Face IDの主要機器が搭載されているわけでもなく、Face IDの使用が不可能になるのは理不尽だと考える人もいるようだ。

しかし、そのパネル越しにレーザーを照射し、顔認証を行うFace IDのシステムは、パネル自体の品質次第でセキュリティに問題が発生する可能性も否めない。

Apple、保証外のiPhoneなど 街のショップで修理可能に「安価な部品を選ぶことも」 / 私が経験した「社外部品で修理する怖さ」
Appleは、修理を必要とするAppleのデバイスに、よりよいサービスを提供するため、独立修理業者プログラムを全世界に拡大する。現在、一部の国で許可された本プログラムは、保証対象外のデバイス修理を担う役割を持つ。修理に必要な技術...

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x