次期 M1X MacBook Pro、ディスプレイ解像度がさらに高画質化か「1インチ辺りのピクセルが密に」


次期 M1X MacBook Pro、ディスプレイ解像度がさらに高画質化か「1インチ辺りのピクセルが密に」

Appleがリリースを目前に控えると噂の次期型MacBook Proは、ディスプレイの解像度を高性能化して登場する可能性がある。

MacRumorsは、今秋リリースが期待されているmacOS Montereyの開発者向けベータ版に、新たな解像度を示す表記の発見を報じた。

この解像度が示すディスプレイパネルは、現行のMacには存在せず、次期型のMacBook Proに対応する記載だろうと伝えている。

新しく登場するMacBook Proには、14インチと16インチのモデルが存在するといわれており、今回新たに発見された解像度は、3456×2234と3024×1964のRetinaディスプレイを示すコード。おそらくは、前者の解像度が16インチモデルを示し、後者が14インチのモデルに使用される解像度だろう。

次期 M1X MacBook Pro ディスプレイ解像度がさらに高画質化か 1インチ辺りのピクセルが密に

注目したい点は、この解像度とインチ数を照らし合わせた場合、1インチあたりのピクセル密度が、これまでのディスプレイパネルよりも高精細化している点である。

従来型のRetinaディスプレイに採用のピクセル密度は、1インチあたり226から227ピクセルである。しかし、発見されたコードから分かるピクセル密度は、従来型よりもさらに高精細かが進んだ約250ピクセルという値。

従来型のRetinaディスプレイも非常に鮮明な映像を伝えるパネルとして重宝されていたが、値を見る限りでは、従来型を凌駕することは間違いない。

次期型のMacBook Proは、2021年モデルとして10月から11月に発表することが期待されている。

MacBook Pro、14インチと16インチは性能差がない可能性 / 14インチは値上げとの情報
2021年モデルとしてリリースが噂されているMacBook Proは、これまでの13インチが廃止されて、14インチが登場。サイズラインナップは、14インチと16インチの展開といわれている。リーカーのDylandkt氏による情報では、...
Gurman氏、iPhone 13発表とは別に年内2回目の発表イベント「Appleが新しいデバイスの発表を予定」
Appleは、2021年モデルのiPhoneなどを発表する恒例のイベントとは別に、大きなデバイスの発表イベントを計画している可能性がある。BloombergのMark Gurman氏は、もうひとつのイベントとして、新型のMacとiP...
Apple、9月14日に発表イベント開催「iPhone 13、Apple Watchなど」/ Mac miniなどの発表は
Appleは2021年秋の発表イベント「California streaming (カリフォルニア・ストリーミング)」を現地時間の9月14日午前10時から開催すると発表した。日本時間の9月15日午前2時である。おそらく、新型のiPh...
2021年モデルのMacBook Pro 16、M1チップ搭載か「apple.comのラベルにM1の文字」
Apple公式オンラインストアは、誤って次期型のMacBook Proについて表記を掲載した可能性がある。誤表記が発見されたのは、ドイツの公式オンラインストアで、リンクの紹介文に「M1」の存在を確認することが可能。非常に希な箇所への...
created by Rinker
Apple(アップル)
¥148,280(2021/10/25 00:07:48時点 Amazon調べ-詳細)
カラー, 容量 選択可
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x