Apple、他社に依存しないものづくり?「iPhone 5GモデムもAppleブランドに」早ければ2023年


Apple、他社に依存しないものづくり?「iPhone 5GモデムもAppleブランドに」早ければ2023年

Appleは、iPhoneの通信モデム部分も自社製に変更し、他社ブランドに依存しない物作りへと変更しようとしているのかもしれない。

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは独自にカスタム設計を施した5Gベースバンドチップの搭載を予定している。

このカスタムチップの搭載は、早ければ2023年モデルのiPhoneから始まる見込みで、次世代型のiPad Proなど、キャリアの回線が利用できるセルラーモデルに関しても自社製モデムが搭載される可能性がある。

現在、Appleは、5Gネットワークに必要な5GモデムをQualcommから供給を受けており、自社製への移行は他社のブランドに依存しない体質へと推し進めているように感じられる。

Qualcommの5Gモデムから供給を受けるブランドはAppleに限らず、他社のAndroidハイエンド端末へも採用されているが、世界全体を見ると市場はiPhoneが優位。そのため、Appleが自社製チップに切り替えることは、Qualcommの衰退を意味しているのかもしれない。

Appleは、2019年にIntelのスマートフォン用モデム事業を買収し、自社製モデムの開発をより一層早めている。

モデム部分も自社製になる恩恵は、安定した生産性のほかに、デバイスの商品単価にも影響を受ける可能性が予測できる。もしかすると、将来的に登場予定のiPhoneは、これまでのiPhoneと比べて、部品単位では若干割安な価格設定がなされる可能性もありそうだ。

Apple、6Gネットワーク 次世代 iPhoneの開発に着手か / 6Gはいつから始まるのか
Appleは、先を見据えたネットワーク技術に向けて、新たな一歩を踏み出した。現在広がりを見せつつある第5世代移動通信システム、通称5Gは、これからの通信技術として、iPhone 12シリーズにも採用された通信規格である。
Apple、2023年モデルのiPhoneに折りたたみ式を採用か
Appleは、2023年モデルのiPhoneに、折りたたみ式ディスプレイを採用する方向で調整を進めている可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏は、その新型iPhoneに搭載のディスプレイサイズが7.5から7.8インチに...
2023年のiPhone 15、ノッチに収まる「センサーがディスプレイに隠れて見えない」可能性
Appleは、早ければ2023年のiPhoneにパンチングホールデザインを採用し、現在その中に収まるセンサー類をディスプレイ下部に見えない形で収めてしまう可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは20...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x