Apple、2023年モデルのiPhoneに折りたたみ式を採用か


Apple、2023年モデルのiPhoneに折りたたみ式を採用か

Appleは、2023年モデルのiPhoneに、折りたたみ式ディスプレイを採用する方向で調整を進めている可能性がある。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は、その新型iPhoneに搭載のディスプレイサイズが7.5から7.8インチになる可能性を示唆している。

なお、折りたたみ式ディスプレイに関しては、現時点で研究段階にあり、生産できる体制には程遠いとも伝えている。

以前、DigiTimesが報じた内容によると、LGディスプレイに折りたたみ式パネルの開発を依頼し、新しいフラッグシップフォンへの搭載に向けて一歩前進したとの情報があった。

その前には、BloombergのMark Gurman氏が、折りたたみ式iPhoneの目標が定められず、このままでは製品の開発には至らない可能性があると伝えていたところだった。

折りたたみ式パネルを用いたデバイスの開発を行う上で、Appleは2016年に複数の特許を取得済みで、経済日報は折り曲げ部に使用されるヒンジの耐久テストに合格判定が出たと報じていた。

Appleは、既にSamsungからプロトタイプのディスプレイを調達しているともいわれている。後はターゲットの見定めのみの状況が作られ、すぐにでも開発に着手できる状態にあったことを考えると、Kuo氏の情報から得られたインチサイズは、開発に向けて確実に歩み出したことを示唆するものなのかもしれない。

iPhone 14、フラッグシップは「折りたたみ式か」 / 情報筋、LGディスプレイが開発に着手
Appleが2023年にリリースするiPhone 14は、折りたたみ式のディスプレイを搭載する可能性があり、そのディスプレイの開発に向けてLGディスプレイが開発の支援に乗り出したようだ。DigiTimesは、業界筋から得た情報として...
折りたたみ式iPhoneの発売、ターゲットが見定められずに難航か
Appleは、折りたたみ式のiPhoneの開発をそれほど急いでいない可能性がある。2021年モデルとして登場を見込む次期iPhoneは、マイナーアップデートが施され、Face IDのほかにディスプレイ内蔵型の指紋センサーが搭載される...
Apple、折りたたみ式 iPhoneの開発に成功か
Appleは、ディスプレイの中央にヒンジを設けて、折りたたみ式の構造を採用したiPhoneを発売する可能性がある。開発が進められる形状は2種類で、1つ目はGalaxy ZFlipやMotoRAZRのように、これまでのiPhoneを半...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x