モックは2021年 iPhone 13の可能性「iPhone 12のケースが使えない」


モックは2021年 iPhone 13の可能性「iPhone 12のケースが使えない」

2021年登場予定のiPhone 13と思われるモックアップが公開された。公開されたモックは、3Dプリンタで製造されたもの。

2020年モデルのiPhone 12と一緒に写る比較画像では、画面上部に位置する切り欠き部分の幅が、2020年モデルよりも狭まっていることが確認できる。

細部を見ていくと、ノッチに収まるフロントカメラが、これまでの右側から左側に移動しているようだ。

大胆に圧縮された切り欠き部のサイズは、幅26.80 × 高さ5.35mm。これまでのサイズと比較すると、幅が8.03mm小さくなり、高さが0.05mm高くなっている。

このサイズ変更に貢献した改修は、受話スピーカーの開口部。真ん中に鎮座していた大きな存在が、上方向、縁ギリギリまで移動し、中央に空いたスペースへほかの部分が凝縮されている。

2021年モデルのiPhoneは、デザインの刷新は行われず、仕様を煮詰めたマイナーアップデートに留まるといわれており、デザイン上の変更点は主にノッチサイズ(切り欠き部分) の変更のみとなる可能性がある。

モックは2021年 iPhone 13の可能性「iPhone 12のケースが使えない」

しかし、変更点は前面だけでは収まらず、側面に仕様の変更を見ることができる。地味な変更は、使い勝手を改善した結果なのかもしれないが、この変更によって2020年モデルのiPhone 12用ケースが、2021年モデルには使用できない。

1年ごとにiPhoneを買い換えるユーザーは少ないのかもしれないが、気に入ったケースを継続して使おうと考えていたり、出費を抑えるためにiPhone 12のケースを使い回そうと考えたりしている人は要注意のポイントになりそうだ。

iPhone 13の画面パネル、ノッチサイズの小型化
Appleが2021年モデルとしてリリースするiPhoneのパネルが公開された。MacRumorsが公開した写真は、ギリシャでチェーン展開する大きな修理業者から得たもの。もちろん修理用パネルである。
Apple、2021年モデルのiPhone 13など「市場大混乱につき、発売予定が遅延の可能性」
世界的なチップ不足の影響が、Appleにも押し寄せる可能性がある。Nikkei Asiaによると、AppleのサプライヤーであるFoxconnが、世界的に深刻なチップ不足の影響を受け始めた。
iPhone 13 Pro Max、広角レンズにF1.5「非常に明るいレンズ」を採用か
Appleは、iPhoneのカメラレンズにアップグレードを施す可能性がある。2021年モデルとして登場を見込むiPhone 13シリーズは、iPhone背面のカメラユニットに仕様の変更が行われるとの情報もあったが、それに併せてレンズ...
iPhone 13 Proに新色ブラック追加か / カメラ機能も性能向上の噂
Appleは、2021年モデルのiPhoneシリーズに新色を追加し、様々な面に優れたアップデートを施す可能性がある。リーカーのMax Weinbach氏がYouTubeのEverythingApplePro E A Pで伝えた内容に...

Source: Macお宝鑑定団Blog

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x