iPhone 13の画面パネル、ノッチサイズの小型化


iPhone 13の画面パネル、ノッチサイズの小型化

Appleが2021年モデルとしてリリースするiPhoneのパネルが公開された。

MacRumorsが公開した写真は、ギリシャでチェーン展開する大きな修理業者から得たもの。もちろん修理用パネルである。

公開された写真には、2020年モデルのiPhone 12シリーズと同様に、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3サイズが被写体として収められている。しかし、なんだか様子がおかしい。

パネルの上部を確認すると、これまでのiPhoneと同様に、カメラなどが収まるノッチ(切り欠き) の存在を確認できるが、従来型のノッチよりもコンパクトに設計がなされている。どうやら収まる要素の配置変更が行われたようだ。

確認できる変更箇所は、受話スピーカーの配置。これまでノッチの中央を専有していた存在が、画面最上部へと追いやられ、空いた空間に左右をギュッと凝縮したようなデザインが用いられている。おそらく、縦のサイズは現行のiPhoneと変わらない。

公開された写真は、修理業者から流出したものだが、信憑性については不明で、多少なりとも疑う余地はありそうだ。

ノッチサイズ変更の情報は、これまでにも多く出回っており、厚みをスリムにしたデザインや、横幅を縮めたものが噂や予測として出ていた。

2022年モデルのiPhoneからはノッチデザインの廃止が行われてパンチングデザインが取り入れられるとの情報もあり、もしパンチングが正しい情報であるならば、このタイミングで2021年モデルのiPhoneノッチを変更することは少々疑問である。

2021年モデルのiPhone 13、縦サイズを小型化か / カメラシステム大幅アップグレードの噂
Appleは、2021年モデルのiPhoneの縦サイズを縮小し、画面の表示部分はそのままに、デバイスの小型化へ進む可能性がある。DigiTimesは、iPhoneのカメラシステムに関する内容を伝え、2021年のiPhoneシリーズは...
iPhone 14、画面上部のノッチ廃止 パンチングホール採用か
Appleが2022年の発表に向けて開発を模索するiPhoneは、ディスプレイ面に新しい仕様を盛り込む可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、次世代のiPhoneにはパンチングホールディスプレイデザインが採用さ...

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx