2021年モデルのiPhone 13、縦サイズを小型化か / カメラシステム大幅アップグレードの噂


2021年モデルのiPhone 13、縦サイズを小型化か / カメラシステム大幅アップグレードの噂

Appleは、2021年モデルのiPhoneの縦サイズを縮小し、画面の表示部分はそのままに、デバイスの小型化へ進む可能性がある。

DigiTimesは、iPhoneのカメラシステムに関する内容を伝え、2021年のiPhoneシリーズは、全モデルにセンサーシフト方式の手ぶれ補正が搭載されると伝えた。

センサーシフト方式とは、光を受け止めるセンサー事態が動くことで、手ぶれを相殺するという仕組みのものである。一眼レフなどのカメラを見たことのある人であれば、ボディ内手ぶれ補正という単語をご存じの人もいるだろう。

情報筋によると、iPhone 13シリーズは、2020年モデルのiPhone 12シリーズに搭載の7Pレンズモジュールが引き続き採用されるという。なお、ハイエンドモデルのiPhone 13 Proには、これまでよりも大きなCMOSセンサーが搭載され、解像度の向上が図られるようだ。

前面のカメラシステムについては、5Pから6Pへとアップグレードが施され、ノッチサイズの変更がもたらされるという。

前面の画面上部に設けられるノッチサイズに関しては、Ice universe氏が薄型化について触れており、Macお宝鑑定団Blogは、中国のサプライヤーから得られた情報として、ノッチサイズの変更を伝えていた。

ノッチサイズの変更に関して、具体的な内容は、通話に使用する受話スピーカーを画面上部のフレーム方向へ追いやるという噂が流れていたが、ノッチ全体をフレーム方向へ凝縮して、ノッチ自体の厚みを薄くする可能性が出てきている。

このことにより、iPhoneは、縦サイズの小型化が進むのではないかと仮定している。その理由は、アプリの仕様である。iPhoneやiPadのアプリは、決められた画面サイズで機能するように設計されており、実働域の画面縮尺を変更する可能性は低い。

iPhone 13は小型化が進化か ノッチ縮小の可能性
Appleが2021年にリリースを予定している新しいiPhoneは、ノッチサイズを縮小する可能性がある。ノッチとは、画面上部に設けられたカメラの切り欠き部分で、カメラやFace IDなど、前面に必要とされるシステムを集約している部分...
iPhone 13シリーズ、背面カメラのフラット化とノッチサイズ変更か
Appleが2021年モデルとして発売を見込まれるiPhone 13シリーズは、全体的な印象を洗練して登場する可能性がある。Macお宝鑑定団Blogは、中国のサプライヤーから得られた情報として、背面カメラユニット面のフラット化とノッ...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x