iOS 14.6、バッテリー制御に問題か「iPhoneのバッテリー消費が早い」


iOS 14.6、バッテリー制御に問題か「iPhoneのバッテリー消費が早い」

iPhoneやiPadのバッテリーが、著しく消費される問題の報告が多数寄せられているようだ。

対象のデバイスは、Appleが2021年5月末にリリースした最新のiOSやiPadOSをインストールした端末。

Appleが最新のiOSをリリースする目的は、本来であれば問題の修正や、新たな機能の追加を意図したものだが、今回はAppleにとっても大きな誤算が含まれていたようだ。

対象のiOSバージョンは14.6。このバージョンにアップデートしたiPhoneは、モデル年式に関わらず、一部のユーザーが問題を抱えている。

Appleサポートコミュニティに寄せられた内容によると、iPhone 11 ProとiPadを使用するユーザーの声が寄せられていた。

問題を抱えたユーザーは、現在iPhone 11 ProとiPadを使用しており、両方のデバイスを最新にアップデートしたところ、どちらのデバイスもバッテリーの減りが早くなったようだ。

具体的には、iPadのバッテリーに関して、通常は2日間使用しない状態で放置しても100%をキープしていたが、アップデート後は残量が15%まで消費されていたという。iPhoneの減りについては、昨夜アップデートをして翌日に画面を確認したところ、バッテリーは残り2%まで消費されていたという。

この症状は、MacRumorsのフォーラムにも寄せられているようで、iPhone 12 Proを使用中のユーザーからもバッテリーの減りが早くなったと報告されているようだ。

問題の解決は、Appleが問題の修正を盛り込んだiOSを新しくリリースするほかなく、ユーザー側では対処のしようがない。しばらくはモバイルバッテリーなどを持ち歩くほかなさそうだ。

iOS 14.6を正式リリース「Apple Musicの高音質化やAirTagのプライバシー機能強化など」(所要時間:14分)
Appleは2021年5月25日、iOS 14.6を正式リリースした。今回のアップデートは、主にAirTagのプライバシーに関わる面が強化されており、紛失モード時に電話番号ではなくメールアドレスを使用可能とするオプションの追加や、電...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x