Appleシリコン搭載のMacはセーフモードなどの特殊起動がシンプルに変わる


Appleシリコン搭載のMacはセーフモードなどの特殊起動がシンプルに変わる

Appleシリコン搭載のMacは、特殊起動モードのショートカットを覚える必要がなくなる。

WWDC2020でAppleが公開した紹介動画では、Appleシリコンチップ搭載のMacによる新しいブート機能を紹介している。

Appleシリコンを搭載したMacは、アップルのシステム・オン・チップ アーキテクチャを使用することで、様々な利点の提供ができるようだ。

従来までのMacでは、電源ボタンと併用するショートカットキーを利用すると、様々な起動オプションを使用することができる。例えば、Command+R、Option、T、Command+Sなどである。

こうした起動オプションは、普段ショートカットキーを使用しない一般ユーザーにとっては、使用するたびにマニュアルを検索する必要があり、万人受けするものではなかった。

もちろん、一昔前であれば、機械は それに長けた知識を持つユーザーのみが使用する時代であったためにそれで良かったのだが、MacやPCを誰もが当たり前のように持つ時代になった今となっては操作の障害であった。

こうしたプロセスが、Appleシリコンを搭載したMacでは根本的に見直されてシンプルになった。こんなところにも、ハイエンドなAppleシリコンを構造体の一部として取り入れた恩恵を受けているようである。

起動オプションのユーザーインターフェイスは非常にシンプルに整えられており、その中から必要とされるオプションを選択する仕組みとなる。

AppleはiPhoneのiOS 14を発表!「ウィジェットが置ける」「iPhoneが車のカギになる」「自動翻訳機能」「自転車ルート最適MAP」
Appleは日本時間の2020年6月23日午前2時よりWWDC20を開催し、基調講演にて「iOS」「iPadOS」「WatchOS」「tvOS」「macOS」についてストリーミング配信を行った。皆が一番気にしている部分としては、おそらく...

Appleシリコン搭載のMacはセーフモードなどの特殊起動がシンプルに変わる

また動画では、従来用いられている 2台のMac間で行われるデータ転送機能の廃止が紹介されている。Appleは、Appleシリコンを搭載したMacからターゲットディスクモードを廃止し、代わりにパスワードでアクセス可能なネットワークボリュームを使用した共有モードを提供するとしている。

Appleシリコンチップを搭載したMacは、年末に発売され、すべてのMacは2年以内に新しいアーキテクチャに切り替わるようだ。

Apple最新情報・噂
このページをシェアする
SNSフォローボタン
タカブロをフォローする
Twitterでは、iPhoneなどの質問も受付中です。フォロワーさんも募集です!
タカブログ公式: @TakaBlog24, 書いてる人: @fanzrg
[タカブログ] takao.iの思想ブログ始めました。とかいうタイトルはおかしいと思う。