正確なiPhone 12のダミーの可能性 ケースメーカーに提供されたCADデータから作成


正確なiPhone 12のダミーの可能性 ケースメーカーに提供されたCADデータから作成

Appleがこの秋に発売を予定しているiPhone 12のダミーが公開された。

MacRumorsがYouTubeに公開したダミーのiPhone 12は、ケースメーカーに提供されるCADデータが元になっているようだ。サプライを取り扱うメーカーに提供されるCADデータは、正確に作られていることが多く、考察するにもちょうどいい素材である。

ケースを作成する上で必要とされる要素を盛り込んでいるデータは、今後発売が予定されているiPhoneの形を再現するには十分な要素を持っている。

動画では、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチと、サイズの異なるiPhone 12が登場している。

正確なiPhone 12のダミーの可能性 ケースメーカーに提供されたCADデータから作成
(左) iPhone 12、(中) iPhone 12 Pro、(右) iPhone 12 Pro MAX

Appleは、iPhone 12シリーズで4種類のモデルをリリースする見込みであり、スタンダードモデルに当たるiPhone 12が5.4インチと6.1インチ、ハイエンドに当たるiPhone 12 Proが6.1インチと6.7インチである。動画で公開された3つのモデルは、5.4インチのiPhone 12、6.1インチのiPhone 12 Pro、そしてiPhone史上過去最大となる6.7インチを搭載したiPhone 12 Pro MAXとなる。

正確なiPhone 12のダミーの可能性 ケースメーカーに提供されたCADデータから作成
(左) iPhone SE初代、(中) iPhone 12、(右) iPhone SE第2世代

5.4インチのiPhone 12は、初代iPhone SEのリリース以降に発売されたiPhoneの中で最も小さいものになる。その大きさは、初代iPhone SEよりは大きいが、現在販売がされている2世代目のiPhone SE(5.8インチ) よりもはるかに小さい。

しかし、ホームボタンの廃止によるベゼルレスデザインが取り入れられたことで、画面自体をみれば大きくなっている。無理なく片手操作ができる小型のiPhoneを待ち望んでいた人にとっては、iPhone 12がベストな存在だろう。

ハイエンドのiPhone 12 Proは、iPhone 11 Proと同様に3眼レンズを備えたモデルとなる。ただ、どうも6.7インチのiPhone 12 Pro MAXは、ほかとユニットが違うようだ。カメラユニットが収まる突出した四角い部分が、iPhone 12やiPhone 12 Pro、それにiPhone 11 Proよりも大きくなっており、レンズ自体が若干離れていることが見てとれる。

iPhone 12 Pro MAXには、iPad Proと同じように空間を3Dに捉えることができるLiDARスキャナーを備えているという噂や、iPhone 11 Proよりも大型のセンサーを搭載するという噂もあり、それを収めるために収容部分を拡大している可能性は高い。先にお話ししたとおり、ケース用に設計されたCADデータには、それに不要な部分が省かれている可能性があり、ダミーに反映されていない可能性はある。

Photo: MacRumors YouTubeチャンネル

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x