【カレンダーの不審な内容に注意】iPhoneのカレンダー「iPhoneが保護されていない」という広告が入る / カレンダーに勝手に入る広告の削除方法


【カレンダーの不審な内容に注意】iPhoneのカレンダー「iPhoneが保護されていない」という広告が入る / カレンダーに勝手に入る広告の削除方法

iPhoneのカレンダーに、「iPhoneが保護されていない可能性があります!保護するにはクリックしてください。%」という表示がされるケースがあるようだ。

情報処理推進機構によると、アダルトサイトなどを通して、iPhoneのカレンダーにイベントをスケジューリングする不審な広告を確認したという。

公開されている内容によると、先に紹介した内容のほかに、「%電話が保護されていない可能性があります!それをクリック…」という内容のものもある。

【カレンダーの不審な内容に注意】iPhoneのカレンダー「iPhoneが保護されていない」という広告が入る / カレンダーに勝手に入る広告の削除方法

このカレンダーの登録が始まる切っ掛けは、サイトで「カレンダー“CLICK SUBSCRIBE” “sponsored events”を照会しますか?」というポップアップが表れた際に、「照会」を押してしまうことである。照会を押すことで、iPhoneのカレンダーへスケジュールが同期されてしまう仕組みとなる。

スケジュールされたイベントメモには、「最高のアンチウイルスVPNをインストールして、ハッカーに公開されてないように場所を保護します。以下のリンクから特別割引をご利用いただけます。マルウェアがデバイスを押しつぶすのを待たずに、今すぐ自分を保護してください。[広告] URL」という内容が記載されている。

iPhoneのカレンダーに自動登録される不審な広告を削除する方法

カレンダーに自動で追加され続ける不審な広告を削除するには、広告に許可したアカウント許可の削除を行う必要がある。

1. 「設定」を開く。

ホーム画面から歯車アイコンの「設定」を開く。

2. 「パスワードとアカウント」を開く。

一覧から「パスワードとアカウント」の項目を見つけて開く。

3. 「照会したカレンダー」のアカウントを削除する。

【カレンダーの不審な内容に注意】iPhoneのカレンダー「iPhoneが保護されていない」という広告が入る / カレンダーに勝手に入る広告の削除方法

アカウントの一覧から該当のものを見つけて開き、「アカウントを削除」を押して削除を行う。

Photo: 情報処理推進機構

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x