次期Mac、キーボードのキートップにディスプレイ搭載か / キーボード全面Touch Barのような特許取得


Appleは、次期Macノートのキーボードに、表示を切り替えられるキートップを内蔵する可能性がある。

次期Mac、キーボードのキートップにディスプレイ搭載か / キーボード全面Touch Barのような特許取得

2020年12月29日、Appleは「コヒーレントファイバーバンドルを備えたキーを有する電子デバイス」に関する特許を取得した。

米国特許商標庁が公開した特許の概要欄には以下の内容が記載されている。

電子デバイスは、再構成可能なキーボードを有している場合がある。キーボードは、ハウジングに結合されたキー配列から形成されてもよい。各キーは、可動キー部材および関連するキーディスプレイを有する。キーボードの制御回路は、キーに動的調整可能なキーラベルを表示するように、キーディスプレイに指示する場合がある。各キーや可動キー部材は、光ファイバープレートから形成されてもよい。光ファイバープレートは、対向する第1の表面および第2の表面を有するコヒーレントファイバーバンドルから成形される。第1の表面は、キーディスプレイに隣接していてもよく、キーディスプレイからキーラベル画像を受信することができる。第2の表面は、ユーザーに向かって外向きであってもよく、表示用のキーラベル画像を提示しながら、ユーザーの指からキー押下入力を受け取ることができる。

ものすごく砕いていうと、キーボードの表面には、本来文字が印字されているが、そのキートップ一つ一つを簡易的なディスプレイに変更することで、表示を自由に変更することが可能な特許となる。

次期Mac、キーボードのキートップにディスプレイ搭載か / キーボード全面Touch Barのような特許取得

Appleは、既にMacBook Proのキーボードの一部をTouch Barというディスプレイに変更している。Touch Barは、使用用途に合ったショートカットを表示することで、アプリ操作に慣れない人のユーザビリティを向上することができた。

しかし、従来のキーボードでショートカットを覚えた人たちからは、賛否両論の意見が飛び交っているのも事実である。今回の特許が新しく登場するMacのキーボードに使用されれば、すべてのキーにTouch Barのような機能が備わることになる。

次期Mac、キーボードのキートップにディスプレイ搭載か / キーボード全面Touch Barのような特許取得

この機能を利用すると、キートップが多言語に対応するなど、多くのメリットは生まれるはずだが、それと引き換えに従来の利便性を失う可能性も考えられる。特許機能を搭載したデバイスが登場すれば、Touch Barのときのような議論が白熱する可能性が高い。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x