MacBook Pro、14インチと16インチは性能差がない可能性 / 14インチは値上げとの情報


MacBook Pro、14インチと16インチは性能差がない可能性 / 14インチは値上げとの情報

2021年モデルとしてリリースが噂されているMacBook Proは、これまでの13インチが廃止されて、14インチが登場。サイズラインナップは、14インチと16インチの展開といわれている。

リーカーのDylandkt氏による情報では、この2つのMacBook Proの性能は、差が生じない。つまり、14インチを購入しても16インチを購入しようともデータを処理する能力に差が生まれないというのである。

2020年モデルから始まったAppleシリコンの搭載は、これまで使用されてきたIntel製のCPUをAppleシリコンへ置き換える計画で、これまでにもMacBook ProやMacBook Air、iMacにMac miniと、確実な仕様変更がなされてきた。

このAppleシリコンは、データを処理するCPU部分と、映像を処理するグラフィックス部分、そして一時記憶となるメモリ部分などが一体型となった処理装置である。

MacBook Proの14インチと16インチに、まったく同じ仕様の処理装置が搭載されるのであれば、Dylandkt氏がおっしゃる通り基本性能に変わりはない可能性が高い。

小型のモデルで最高スペックを希望する顧客にとっては朗報だろう。

新型のAppleシリコンとして登場を控えるチップは、2020年モデルのM1チップを高性能にカスタムしたM1Xチップで、グラフィックスの性能が上げられて登場するといわれている。

価格に関しては、インチ数をアップグレードして登場の14インチは、これまでの13インチモデルよりも高額になるそうだ。Dylandkt氏は、性能が同等となるため、インチ数の違いによる価格差はそれほどないと予測している。

Dylandkt氏による情報は、正確性が確認されており、直近ではiPad Proの処理装置に、当初Mac用として登場した処理装置M1チップが搭載されることを伝えていた。また、2021年モデルとして登場のiMac 24については、次期型として登場予定のM1Xチップではなく、M1チップが搭載されることも正確に言い当てていた。

今回の情報に関しての正確性については不明だが、これまでの予測を考えると、次期型として登場のMacBook Proは、先に書いた通りの内容で概ね間違いがないのかもしれない。

MacBook Pro、今秋発表か「データベースに未発表のモデル名が2種類」
Appleが未発表のモデル名が、ユーラシア経済同盟の執行機関であるユーラシア経済委員会(ECC) のデータベースに登録されている。新たに発見されているモデルはMacのもので、A2442とA2485というモデル名がリストに挙げられてい...
M1 MacBook Proは画面にヒビが入りやすい可能性
Appleが2020年モデルとしてリリースしたMacBookは、一般的な使用を続けていたとしても画面が破損する可能性があるようだ。9to5Macは、RedditのAppleコミュニティの内容を取り上げ、M1 MacBookの画面につ...
次期MacBook Air、2022年半ばにリリースか「Mini LED採用が濃厚」
Appleは、2022年にMacBook Airの新型を発表する可能性がある。アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Mini LEDを搭載したMacBook Airが2022年半ばに登場する見込みである。

Via: MacRumors

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx