2021年、次期 iMacは「アゴがなくなる?」 / Pro DisplayXDRのデザインがベースか


Appleは、2021年にフルフラット化を果たしたiMacをリリースする可能性がある。

2021年、次期 iMacは「アゴがなくなる?」 / Pro DisplayXDRのデザインがベースか

ディスプレイ内部にMacの機構を詰め込んだiMacは、現在のモデルが登場して9年の歳月が流れた。

そろそろリニューアルの時を迎えたiMacは、その姿を一変させて、iPhone 12シリーズやiPad Proのようにフラットエッジを採用したシンプルなデザインが採用されている可能性が出てきた。

BloombergのMark Gurman氏は、Appleが新しく再設計したiMacのリリースを計画していると伝えた。

コードネームにJ456とJ457を与えられた新しいMacは、21.5インチと27インチのiMacとして登場する見込みで、その姿からは伝統的なアゴがなくなるという。

これまでのiMacの歴史を見ると、ディスプレイ下部には必ず金属面を有したデザインが取り入れられていた。

しかし、2021年モデルには、ディスプレイから突き出した金属面がなくなり、まるでディスプレイのみで稼働しているかのようなMacがお目見えするようだ。

フラットエッジを採用したデザインは、Pro DisplayXDRをベースに開発が進められたのか、これまでのiMacのように丸みを帯びたものではないという。

背面に関してもフラット化が進められ、余分な肉をそぎ落とした姿はシャープで洗練されているのかもしれない。

搭載されるディスプレイパネルについては、価格帯を考えるとPro DisplayXDRと同様のパネルは採用されず、現在開発が進行中の新しいディスプレイと同様のパネルが搭載される可能性がある。

処理装置に関しては、Gurman氏によるとM1チップは搭載していないという。そのため、もしかするとM1チップをベースに開発が進行中と噂の次世代型M2Xチップが搭載されるのかもしれない。

搭載が見込まれている新しいAppleシリコンは、20コアを有するもので、その内の16コアが高速処理を担い、残りの4コアが低消費電力の稼働用として設計がなされているものである。

発表は、6月の開発者会議(WWDC) の場が見込まれている。

Apple、気軽に使える「安価なディスプレイ」を開発か
Appleは、2016年に販売を終了したThunderbolt Displayの後継モデルを開発している可能性がある。現在、Appleがリリースしているディスプレイは、プロが妥協しない性能を求めて購入するPro DisplayXDR...
次期MacのAppleシリコン、インテルがうろたえる超高性能か / 20コアCPU搭載 MacBook Pro登場の可能性
Appleは、2021年モデルとして発表予定のMacに、新しく強力なAppleシリコンを搭載する可能性がある。搭載が見込まれるAppleシリコンは、Appleが2020年モデルのMacに搭載したAppleシリコンを遙かに上回る性能を持た...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x