Apple、2023年に電気自動車を量産か「iPhone製造工場が電気自動車も」


Apple、2023年に電気自動車を量産か「iPhone製造工場が電気自動車も」

Appleが水面下で進めていた電気自動車の開発が、ついに具現化へ向けて計画の詰めの段階に入っている可能性がある。

電気自動車という新たなカテゴリへの参入で、Appleを悩ませた製造に関して悩みは、最終的にiPhoneの製造を担うサプライヤーが、製造の一部あるいはすべてを引き受ける形で終結しそうだ。

Nikkei Asiaによると、iPhoneを製造する1社であるFoxconnは、電気自動車の工場建設を開始する。

場所は、北米とタイ。タイの工場では、年間15万から20万台の生産能力が見込まれており、初めはタイ市場に対応した製造、そして徐々に東南アジア向けへの輸出を開始する構えのようだ。

北米工場は、高級プラグインハイブリッド電気自動車を提供するFiskerなどを顧客として工場を稼働するようだが、将来的にはAppleの電気自動車を製造するために規模を拡大する可能性がある。

新しく完成する自動車の製造施設は、2023年までに稼働することを目標としており、Appleの電気自動車はFoxconnから世に羽ばたくことが濃厚と考えられる。

Apple Carは米国製バッテリー搭載か「数年後のリリースに向けて着々と計画が進行の模様」
Appleは、電気自動車のApple Carに使用するバッテリーについて、台湾のメーカーと調整を行っている可能性がある。DigiTimesは、業界筋から得た情報として、Apple Carへ搭載のバッテリーは、中国の大手サプライヤーで...
Apple Car、元BMW幹部を雇用「電気自動車の開発が一気に加速するかも」
Appleは、電気自動車の開発陣営に、元BMWの上級幹部Ulrich Kranz氏を雇用した。Kranz氏は、BMWで30年の経歴を持つ人物で、BMWの電気自動車i3やi8を手がけた開発グループでも実績がある人物である。
Apple、電気自動車の製造を「iPhone製造のFoxconnに」発注か
Appleは、電気自動車のApple Carを具現化するために、iPhoneを製造するFoxconnに電気自動車の製造を注文する可能性がある。以前、Bloombergは、Foxconnを取り上げ、中国のベンチャー企業であるByton...
Apple、完全自動運転の要 レーザーセンサーを供給元と交渉か
Appleは、完全な自動運転を実現するために、レーザーセンサーの供給元と交渉している可能性がある。Bloombergは、自動運転に適したLiDARセンサーを求めて、複数のサプライヤーと協議中であると報じた。
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx