Appleは、mini LEDの生産強化でサプライヤーを追加「2021年リリース予定のiPad Proと 次世代MacBook Proに採用か」


Appleは、mini LEDの生産強化でサプライヤーを追加「2021年リリース予定のiPad Proと 次世代MacBook Proに採用か」

Appleは、2つのサプライヤーと契約をし、mini LEDの生産強化に乗り出した。

DigiTimesによると、2つのサプライヤーは台湾のZhen Ding TechnologyとFlexium Interconnectだという。

プリント基板メーカーである2社は、優れたフレキシブルボードの製造技術力を有しており、Appleが求める高い生産能力に対応できるようだ。

両者は、2021年の第1四半期に予定されている新しいiPad Proのリリースをサポートするために、2020年の第4四半期から少量のmini LEDバックライトモジュールの生産を開始する予定である。

ちなみに、ミニLEDは、Apple Watchのリーク情報にあるマイクロLEDとは別のものとなる。マイクロLEDの原理が、RGBごとに発光する高発色タイプなのに対して、ミニLEDは通常の液晶ディスプレイ寄りのものとなる。現状でミニLEDに関する定義が確立していないこともあり、どれほどの性能を有するものがリリースされるのか興味深い。

2020年秋のリリースが予定されていたと噂される iPad Pro 12.9インチは、mini LEDディスプレイの搭載と5Gへの対応が期待されていたが、世界的に起きたパンデミックにより延期となっている。

今回追加で参加したサプライヤーの情報に間違いがなければ、2021年に予定されているiPad Proには、mini LEDが採用される可能性が濃厚となり、リーカーである有没有搞措氏が発した情報の正確性が上がった結果となる。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x