Apple、2021年「CPUもグラフィックも自家製」次世代 iMac発売か


Apple、2021年「CPUもグラフィックも自家製」次世代 iMac発売か

Appleは2021年の後半にARMベースのAppleシリコンを搭載したiMacを登場させる可能性がある。

ただ、このiMacは、もう1つの期待として、グラフィックスが社外から供給されるものではなく、TSMCの5nmプロセスを使用して製造されたGPUが搭載される見込みである。

ChinaTimesは業界筋からの情報として、Appleが独自のグラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU) を発売すると伝えている。

Apple、2021年「CPUもグラフィックも自家製」次世代 iMac発売か

GPUはLifukaというコードネームで開発が進められており、製造を託すのは、Appleにプロセッサを提供する台湾のTSMCとなる。AppleのGPUは、A14プロセッサと同じ5nmで製造される見込みで、Appleシリコン同様に高いパフォーマンスを発揮するのではないかと期待が高まっている。

ARMベースのAppleシリコンは、インテルのプロセッサよりも高効率であることが証明されており、今後リリースする予定のデバイスに搭載される見込みのA14X Bionicプロセッサは、正気の沙汰とは思えない超ハイパフォーマンスを発揮する可能性を秘めている。GPUに関してもワット当たりのパフォーマンスが向上するのではないかと予測されている。

Appleは今年2020年に開かれた開発者会議WWDCで、ARMベースのプロセッサであるAppleシリコンの搭載を2年以内に完了することを伝えている。

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x