Apple、次世代型mini LED採用 2021年前半から開始か


Apple、次世代型mini LED採用 2021年前半から開始か

Appleは、新型のmini LEDディスプレイを搭載したデバイスを複数登場させる兆しがある。

DigiTimesは業界筋の情報として、2021年後半にOsram Opto SemiconductorsがハイエンドのMacBook用バックライトとして、mini LEDの供給をする予定であることを伝えた。

2021年前半には、iPad Proの登場が噂されており、こちらもmini LEDが採用されることが見込まれている。iPad Proに内蔵されるmini LEDの製造は、Epistarが一手に引き受けるようだ。Epistarはその生産に向けて、現在まで製造していた青色LEDの製造ラインをmini LED用に変更し、生産体制が整えられているとも伝えられている。

MacBookは2021年後半、iPad Proは2021年前半。

これらのデバイスがmini LEDを採用することで、将来的には ほかのデバイスへもmini LEDの搭載が進められる可能性がある。

mini LEDは、低消費電力や広色域の表現性など、従来のディスプレイよりも1つ先に進化をしているもので、デバイス自体のスリム化にも貢献できる可能性が期待されている。

MacBookに関しては、低消費電力や色の表現性に重点が置かれそうだが、次期iPad Proへのmini LED採用はMac以上に期待が大きい。

新しく登場したiPad Airのスペックは、現行iPad Proよりも優れている面がいくつもあり、Proとしての要件を底上げする必要が出てきているからだ。

さらなる薄型化へ進むのか、それとも空いたスペースを別の目的で活用するのか、その辺りについては現状なにの情報も得られていない。

次期iPad Pro、2021年春発売か / 「爆速A14X搭載、初 mini LEDディスプレイ採用」の可能性
Appleが2021年の春に発売を予定しているiPad Proは、mini LEDディスプレイを搭載した初のモデルになる可能性がある。MiniLEDディスプレイは、豊かな色彩や黒色の表現向上、そしてエネルギー効率に優れており、バッテ...
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

SNSフォローボタン

タカブロをフォローする
新着ツイートはタカブログ公式Twitterで: @TakaBlog24
書いてる人のTwitter: @Ethan2nd
0
コメントを見る / 書くx
()
x